ゲーム一般用語

一人称視点 ゲーム一般用語

一人称視点

コンピュータゲームにおける一人称視点(いちにんしょうしてん)とは、プレイヤーキャラクター自身の目に映るグラフィック視点のことを指す。 概要 画面に登場する主人公(プレイヤーキャラ)の視点で、ゲーム内の世界を自由に移動したり、行動するゲームスタイルを一人称視点ゲームと呼ぶ。一人称視点は、主人公の視点がそのままプレイヤーに伝わるためガンシューティングとの相性がよく、特に海外では、一人称視点のガンシューティングゲームは、古くから人気ゲームジャンルのひとつとして多くの人に親しまれている。一人称視点のガンシューティングは「First Person Shooter(ファースト・パーソン・シューター)」を略して、FPSと呼ばれる。FPSは「Shooter(撃つ)」という言葉から、正確にはシューティングゲームだけを対象としたゲームジャンルなのだが、銃を用いないアクションゲームやフライトシミュレーターなど、広く一人称視点のゲーム全般を指して使われることも多い。また、主人公の後方に視点を置き、画面にプレイヤーキャラクターが表示される視点を三人称視点と呼び、三人称視点で遊ぶゲームジャンルを「Third Person Shooter(サード・パーソン・シューター)」を略してTPSと呼ぶ。 歴史 一人称視点のゲームは、1973年にアメリカで発表された『Maze War』が始祖とされている。『Maze War』は、一人称3D視点を取り入れたほか、アバターシステムやインターネットプレイなどを取り入れ、多くのゲームに影響を与えた作品でもある。『Maze War』の一人称視点は、この作品に影響を受けて制作された『ウィザードリィ』によって、さらに広まることになった。1987年に発表された『ダンジョンマスター』や、1990年に発表された『ウィングコマンダー』など、その後も一人称視点のゲームは多く発売されるが、FPSというゲームジャンルを定着させたのは1993年にid Softwareが発表した『DOOM』である。『DOOM』は、一人称視点でゲームを進行させながら、銃やチェーンソーで敵を倒していく単純なアクション性に加え、隠された部屋やアイテムを探す探索要素もあり、世界中で人気を博した。『DOOM』は売り上げ総数1500万本という大ヒットを記録し、その人気の高さから「DOOM クローン」と呼ばれる類似品も多く発売された。このことから、FPSを「DOOM系シューティング」と呼ぶ人もいる。その後、現在でも人気シリーズとなっている『The Elder Scrollsシリーズ』の原点である『The…

バフ・デバフ ゲーム一般用語

バフ・デバフ

バフ・デバフとは、自分、または相手に何らかの影響のある効果が持続する魔法、スキル、アイテム効果のことである。 概要 バフ 該当の魔法、スキル、アイテムを使用することで自分や指定した相手に能力の上昇など、ゲーム中で有利な状態が発生する。このような効果を「バフ(buff)」と呼ぶ。 バフ効果にはキャラクターパラメーターを一定時間上昇させるものや、体力の自動回復効果、移動速度の上昇などがある。 MMO作品などで、味方にバフ効果を与えて戦闘を有利に進める役目を持ったキャラクター、クラスなどは「バッファー(buffer)」と呼ばれることがある。   デバフ バフとは反対に、該当の魔法、スキル、アイテムを使用することで、指定した相手にゲーム中で不利な状態が発生する。このような効果を「デバフ(debuff)」と呼ぶ。 デバフ効果には、キャラクターパラメーターを一定時間低下させるものや移動速度の低下、相手がバフ効果を受けている場合は、その効果を打ち消せるなどのの効果がある。また、毒やマヒなどの状態異常を与える場合もデバフと呼ばれることがある。 MMO作品などで相手にデバフ効果を与えて戦闘を有利に進める役目を持ったキャラクター、クラスは「デバッファー(debuffer)」と呼ばれることがある。