オンラインゲーム用語

Casino-X オンラインゲーム用語

引きこもりたちに在宅で、金を稼ぐ方法を教えます。オンラインカジノのボーナスについて詳しく説明しています。

はい、PUBG生配信中に、チートキャラにほふく前進中に後ろに立たれ、観念して起きあがったところを無事にキルされた、@はぴよんです。お前そんな所からでてくるはずないやろ!ヽ(`Д´メ)ノ プンスカ! 口直しにダークソウル3を引っ張り出して楽しくプレイしていたら、闇霊に侵入されてまたもやキル…チ━━━━(##`Д´)━━━━クショ~! 白もうちょっと頑張れ。   おいらみたいなひきこもりのゲーマー諸君!愛するママンに「いいかげん外にでて仕事しろ!」と言われて鬱々としてないかい?大丈夫マン!おいらなんて、「今月10万収益でた」と言った瞬間、こんなに人の顔って変わるんかい、と思うほどパァっと明るくなって、「あらそうなの?ならいいわ。」って、その夜の食事からおかずがめちゃ良くなったwwww。今は「もう少し収益増やせるの?」とか。ママン現金すぎww 背水の逆転劇ができなくても、東大卒のプロゲーマーにならなくても、無問題!食費を稼げてれば、親も、社会も、何も言わない。誰にも会いたくないなら、家で仕事したらいい。   「そんなスキルないよ」っていうけど、ゲームできるっしょ?今ゲームで全然稼げる。月10万円なら無問題。   ネットカジノ知ってる?あーはいはい、来たよネットカジノ広告、とか思ってもらっていいけど、カジノで確実に勝てるなんて言わないし、商材買えとも言わない。でも、みんなにチャンスがあることだけは知っておいてほしい。 おいらは本当に貧乏だったから、ネットカジノなんてやったことなかったよ。でも友達のトシちゃんから、ボーナス、っていうのを教えてもらったんだ。サラリーマンのボーナスじゃないよ。ネットカジノは今ネット上にたくさんあるんだ。だからプロモーションでお金をたくさん配ってる。具体的に言うと、無料でプレイできるんだ。まぁ、有料のゲームを期間限定で無料で配信されるみたいなものだよ。ネットゲームも基本ゲームだから、君にできないはずはない。 もう少し具体的な話をしてもいいかな? 例えば業界大手のカジノxだと、登録するだけで$30。ざっくり言えば3000円もらえる。もし君がお金を持っていたら、 最初の入金で: $2000までは100% $300までは150%…

オンラインゲーム用語

オンラインゲームのトップといえばオンラインカジノ-インターネットギャンブルゲーム

一言で「オンラインゲーム」と言ってもジャンルは本当に様々である。 オンライン麻雀、オンラインRPG、オンラインシミュレーションゲーム……。 などなど、挙げていくと本当にキリがない。 最近発売したスマッシュブラザーズの新作なども、インターネット上で対戦相手を募ることができるわけだから広い意味ではオンラインゲームに該当するだろう。 では「オンラインゲームのトップ」とは何なのだろうか。 それは「オンラインカジノ」である。 「ああ、カジノゲームか」と感じたかもしれない。 しかし、単にオンラインブラックジャック、オンラインスロット、オンラインスロットルーレット……などのカジノゲーム「的」なものがプレイできるという意味ではない。 ネットカジノでは本当に金銭を賭けてギャンブルを楽しむことができる。 知らない人からすれば「カジノの違法性は大丈夫なのか」と感じるかもしれないが、日本ではない「カジノが合法の国」にインターネットギャンブルのサーバーが存在するので、日本の自室で日本人がプレイしても全く問題がない。完全に合法である。オンラインカジノの情報はこちらからご覧できます。 現状「実際に金銭をベッドすることができるオンラインゲーム」はオンラインCasino以外に存在しないのだ。 「ギャンブル」の興奮や楽しさは他のどのようなジャンルのゲームにも勝る。 ここで、疑問を感じる人もいるかもしれない。 「スマホゲームのガチャもギャンブルなのでは?」と。 確かに広い意味で言えばギャンブルであろう。 だが、スマホゲームのガチャで目当てのアイテムやキャラクターをゲットしたところで、…

Pay to Win

Pay to Win(ぺい とぅ うぃん)とは、基本無料ゲームで、課金をすることで無課金プレイヤーに容易に勝利することができるシステムが用意されているゲームを指す用語である。略称は「P2W」。 概要 基本無料でプレイできるゲーム(Free to Play)で、課金をするプレイヤーが無課金のプレイヤーを相手にした場合、圧倒的に有利な状況で勝負できるシステムが用意された作品を「Pay to Win」(ぺい とぅ うぃん)と呼ぶことがある。略称は「P2W」である。Pay to Winでは、優秀なステータス、スキルを持ったキャラクターや装備、または非常に効果の高い消費アイテムなどが課金専用として用意されている。このようなアイテムやキャラクターは無課金では手に入らないために、プレイヤースキルの高い無課金プレイヤーでも、課金をしているプレイヤーに勝利することが非常に困難になってしまう。このようなことから、特に対人戦のあるオンラインゲームなどでは、課金前提のゲームバランスが採用されている作品は嫌われる傾向にあり「Pay to…