その他

スチムー その他

スチムー

概要 スチムーとは、Valveが開発・提供するゲームプラットフォームであるSteamの初期に存在したローカライズのバグ。 詳細 スチムーとは、Valveが開発・提供するゲームプラットフォームであるSteamの初期に存在していたローカライズのバグで、SteamのUIが日本語に対応した際、長音符である「ー」の表示位置がおかしくなり、「スチーム」と表記されているものの「ム」と「ー」が重なって表示されてしまい、「スチムー」と読めてしまったことから。他にも「ゲーム」が「ゲムー」になっているのもあるが、使われるのはほぼ「スチムー」である。 現在では修正されており、一部の古くからSteamを利用しているユーザーからは時折「スチムー」と呼ばれることがあるが、皮肉と愛を込めたSteamの愛称であることには変わりない。

おま値 その他

おま値

おま値とは、主に海外ゲームをダウンロード配信しているプラットフォームで使われる用語で、海外版と比べて、割高で売られるゲームを指すスラングである。「お前の国にも売ってやる、ただし割高な値段で」の略。 概要 主にSteamで、この言葉が使われる。日本のゲーム会社がローカライズしている海外ゲームか、他のプラットフォームを運営するメーカーのゲームがおま値になる事が多い。最高額で99ドルになる事もある。 「海外のユーザーと同じ商品を買っているのに、値段が違うのはおかしい」との批判がの声が絶えず、Twitterなどでゲームメーカーや経営者に直談判するユーザーも少なくなくない。 近年では、ユーザーの批判を避けるために、ゲーム本体とは別に「日本語パック」を発売しておま値を避けている。しかし、「英語圏以外の言語は無料なのに、日本だけ有料なのは不公平」との声も出ている。ユーザーからは「お前の国の言語を売ってやる」商法と揶揄された。