Articles by Game-Lexicon

セガサターン Sega Saturn ゲーム機

セガサターン

1994年11月22日に発売された家庭用ゲームハードである。発売元はセガ・エンタープライゼス(現在は株式会社セガ)。 発売時の国内価格は44,800円である。 名称はセガが手がけた6番目のゲームハードであることから、太陽系大六惑星の土星にちなんで、セガサターンと名付けられた。 ユーザーにはサターンという略称で呼ばれ、文章表記ではSSと略される。 1994年、当時の次世代ゲーム機戦争で戦った名機のひとつであり、数々の名作を生み、セガマニアから最も愛されているハードといっても過言ではない。   ハードの評価 セガサターンは業務用タイトルからの移植作が多数あり、他のゲームハードと比べて移植の出来が良いと評価されるものが多かった。さらに『サクラ大戦』や『NiGHTS(ナイツ)』や『ドラゴンフォース』など、ハード専用タイトルも評判が良い作品が多かった。 ハードのデザイン面では、コントローラの使用感が操作しやすいものとしてユーザーに高く評価されている。 本体には、セーブエリアを増やす「パワーメモリー」などを挿入できるカートリッジの差し込み口があるが、端子の接触部分が少なく、接触不良を起きやすい仕様であった。 さらに「パワーメモリー」を使い込むうちにセーブデータが全て消去されるといった不具合が発生し、ユーザーの不満の声が絶えなかった。 そのため、接触不良を起こすカートリッジの隙間に堅紙などを入れて応急処置をするユーザーもいた。 さらに、セガサターン本体にはリチウム電池(CR2032)が必要で、電池が切れると本体に保存してあるセーブデータが消えてしまうため、どうしてもセーブデータ関連に悩まされるハードでもあった。   プロモーション セガサターンは宣伝においても印象が強いCMが多く出しており、それがゲームをやらない層にも目にとまり、評価されている。…

バフ・デバフ ゲーム一般用語

バフ・デバフ

バフ・デバフとは、自分、または相手に何らかの影響のある効果が持続する魔法、スキル、アイテム効果のことである。 概要 バフ 該当の魔法、スキル、アイテムを使用することで自分や指定した相手に能力の上昇など、ゲーム中で有利な状態が発生する。このような効果を「バフ(buff)」と呼ぶ。 バフ効果にはキャラクターパラメーターを一定時間上昇させるものや、体力の自動回復効果、移動速度の上昇などがある。 MMO作品などで、味方にバフ効果を与えて戦闘を有利に進める役目を持ったキャラクター、クラスなどは「バッファー(buffer)」と呼ばれることがある。   デバフ バフとは反対に、該当の魔法、スキル、アイテムを使用することで、指定した相手にゲーム中で不利な状態が発生する。このような効果を「デバフ(debuff)」と呼ぶ。 デバフ効果には、キャラクターパラメーターを一定時間低下させるものや移動速度の低下、相手がバフ効果を受けている場合は、その効果を打ち消せるなどのの効果がある。また、毒やマヒなどの状態異常を与える場合もデバフと呼ばれることがある。 MMO作品などで相手にデバフ効果を与えて戦闘を有利に進める役目を持ったキャラクター、クラスは「デバッファー(debuffer)」と呼ばれることがある。

Pay to Win

Pay to Win(ぺい とぅ うぃん)とは、基本無料ゲームで、課金をすることで無課金プレイヤーに容易に勝利することができるシステムが用意されているゲームを指す用語である。略称は「P2W」。 概要 基本無料でプレイできるゲーム(Free to Play)で、課金をするプレイヤーが無課金のプレイヤーを相手にした場合、圧倒的に有利な状況で勝負できるシステムが用意された作品を「Pay to Win」(ぺい とぅ うぃん)と呼ぶことがある。略称は「P2W」である。Pay to Winでは、優秀なステータス、スキルを持ったキャラクターや装備、または非常に効果の高い消費アイテムなどが課金専用として用意されている。このようなアイテムやキャラクターは無課金では手に入らないために、プレイヤースキルの高い無課金プレイヤーでも、課金をしているプレイヤーに勝利することが非常に困難になってしまう。このようなことから、特に対人戦のあるオンラインゲームなどでは、課金前提のゲームバランスが採用されている作品は嫌われる傾向にあり「Pay to…