Articles by Game-Lexicon

Casino-X オンラインゲーム用語

引きこもりたちに在宅で、金を稼ぐ方法を教えます。オンラインカジノのボーナスについて詳しく説明しています。

はい、PUBG生配信中に、チートキャラにほふく前進中に後ろに立たれ、観念して起きあがったところを無事にキルされた、@はぴよんです。お前そんな所からでてくるはずないやろ!ヽ(`Д´メ)ノ プンスカ! 口直しにダークソウル3を引っ張り出して楽しくプレイしていたら、闇霊に侵入されてまたもやキル…チ━━━━(##`Д´)━━━━クショ~! 白もうちょっと頑張れ。   おいらみたいなひきこもりのゲーマー諸君!愛するママンに「いいかげん外にでて仕事しろ!」と言われて鬱々としてないかい?大丈夫マン!おいらなんて、「今月10万収益でた」と言った瞬間、こんなに人の顔って変わるんかい、と思うほどパァっと明るくなって、「あらそうなの?ならいいわ。」って、その夜の食事からおかずがめちゃ良くなったwwww。今は「もう少し収益増やせるの?」とか。ママン現金すぎww 背水の逆転劇ができなくても、東大卒のプロゲーマーにならなくても、無問題!食費を稼げてれば、親も、社会も、何も言わない。誰にも会いたくないなら、家で仕事したらいい。   「そんなスキルないよ」っていうけど、ゲームできるっしょ?今ゲームで全然稼げる。月10万円なら無問題。   ネットカジノ知ってる?あーはいはい、来たよネットカジノ広告、とか思ってもらっていいけど、カジノで確実に勝てるなんて言わないし、商材買えとも言わない。でも、みんなにチャンスがあることだけは知っておいてほしい。 おいらは本当に貧乏だったから、ネットカジノなんてやったことなかったよ。でも友達のトシちゃんから、ボーナス、っていうのを教えてもらったんだ。サラリーマンのボーナスじゃないよ。ネットカジノは今ネット上にたくさんあるんだ。だからプロモーションでお金をたくさん配ってる。具体的に言うと、無料でプレイできるんだ。まぁ、有料のゲームを期間限定で無料で配信されるみたいなものだよ。ネットゲームも基本ゲームだから、君にできないはずはない。 もう少し具体的な話をしてもいいかな? 例えば業界大手のカジノxだと、登録するだけで$30。ざっくり言えば3000円もらえる。もし君がお金を持っていたら、 最初の入金で: $2000までは100% $300までは150%…

オンラインゲーム用語

オンラインゲームのトップといえばオンラインカジノ-インターネットギャンブルゲーム

一言で「オンラインゲーム」と言ってもジャンルは本当に様々である。 オンライン麻雀、オンラインRPG、オンラインシミュレーションゲーム……。 などなど、挙げていくと本当にキリがない。 最近発売したスマッシュブラザーズの新作なども、インターネット上で対戦相手を募ることができるわけだから広い意味ではオンラインゲームに該当するだろう。 では「オンラインゲームのトップ」とは何なのだろうか。 それは「オンラインカジノ」である。 「ああ、カジノゲームか」と感じたかもしれない。 しかし、単にオンラインブラックジャック、オンラインスロット、オンラインスロットルーレット……などのカジノゲーム「的」なものがプレイできるという意味ではない。 ネットカジノでは本当に金銭を賭けてギャンブルを楽しむことができる。 知らない人からすれば「カジノの違法性は大丈夫なのか」と感じるかもしれないが、日本ではない「カジノが合法の国」にインターネットギャンブルのサーバーが存在するので、日本の自室で日本人がプレイしても全く問題がない。完全に合法である。オンラインカジノの情報はこちらからご覧できます。 現状「実際に金銭をベッドすることができるオンラインゲーム」はオンラインCasino以外に存在しないのだ。 「ギャンブル」の興奮や楽しさは他のどのようなジャンルのゲームにも勝る。 ここで、疑問を感じる人もいるかもしれない。 「スマホゲームのガチャもギャンブルなのでは?」と。 確かに広い意味で言えばギャンブルであろう。 だが、スマホゲームのガチャで目当てのアイテムやキャラクターをゲットしたところで、…

スパくん ゲーム

スパくん

「スパくん」とは、Game*Sparkの隠れマスコットキャラクター。2011年4月1日にGame*Sparkのエイプリルフール企画として突如出現した青色キノコモンスターで、語尾に「スパ」を付ける特徴がある。「スパナで殴りたいほど可愛い」というウザキャラが定評で、若い女性を中心に絶大な支持を受けている・・・らしい。 スパくんとは? スパくんとは、Game*Sparkに巣食う生物。毎日忙しいげむすぱ編集部員を横目に、ゲームをプレイしたり、昼寝をしたり、インサイドちゃん(仮)をからかったり、ツイッターで遊んだりと、自由気ままに暮らしている。登場当初は、隠れマスコットキャラクターであったが、最近ではメインマスコットキャラクターに昇格した事もあってか、同サイトのトップページに堂々と君臨している。(そもそも何で隠れてたんだっけ・・・) Twitterでの活動 スパくんはTwitterのGame*Spark公式アカウントを私物化している。ゲーマークイズを行ったり、ホワイトボードに落書きを描いたり、日常のふと思った事をつぶやいたりと、好き放題やっているのでフォロワーから心配される事も。ここではスパくんの活動を紹介する。 げむすぱ放送部の宣伝。 その他キャンペーンや企画の宣伝。 STEAMなどのゲームセールを知らせる。 ゲーマーのつぶやき(画像付き)をリツイート。 昔のゲームニュースを紹介。 ゲーマークイズ(拡大されたゲームパッケージの画像を当てるクイズ) 「スパくん」とツイートしたユーザーを覗き見する。 ホワイトボードに「スパくん絵日記」を描く。 気になる*Sparkでの活動 GameSparkのライターが気になるタイトルをピックアップして紹介する連載記事「気になるSpark」のちょいキャラとして登場する。毎回、紹介するゲームに沿ってイラストが展開されている。 スパくんの人気…

スチムー その他

スチムー

概要 スチムーとは、Valveが開発・提供するゲームプラットフォームであるSteamの初期に存在したローカライズのバグ。 詳細 スチムーとは、Valveが開発・提供するゲームプラットフォームであるSteamの初期に存在していたローカライズのバグで、SteamのUIが日本語に対応した際、長音符である「ー」の表示位置がおかしくなり、「スチーム」と表記されているものの「ム」と「ー」が重なって表示されてしまい、「スチムー」と読めてしまったことから。他にも「ゲーム」が「ゲムー」になっているのもあるが、使われるのはほぼ「スチムー」である。 現在では修正されており、一部の古くからSteamを利用しているユーザーからは時折「スチムー」と呼ばれることがあるが、皮肉と愛を込めたSteamの愛称であることには変わりない。

おま値 その他

おま値

おま値とは、主に海外ゲームをダウンロード配信しているプラットフォームで使われる用語で、海外版と比べて、割高で売られるゲームを指すスラングである。「お前の国にも売ってやる、ただし割高な値段で」の略。 概要 主にSteamで、この言葉が使われる。日本のゲーム会社がローカライズしている海外ゲームか、他のプラットフォームを運営するメーカーのゲームがおま値になる事が多い。最高額で99ドルになる事もある。 「海外のユーザーと同じ商品を買っているのに、値段が違うのはおかしい」との批判がの声が絶えず、Twitterなどでゲームメーカーや経営者に直談判するユーザーも少なくなくない。 近年では、ユーザーの批判を避けるために、ゲーム本体とは別に「日本語パック」を発売しておま値を避けている。しかし、「英語圏以外の言語は無料なのに、日本だけ有料なのは不公平」との声も出ている。ユーザーからは「お前の国の言語を売ってやる」商法と揶揄された。

PK RPG用語

PK

プレイヤーキラー (Player Killer)とは、MMORPGなどのオンラインゲームにおいて他のプレイヤーを攻撃するプレイヤーの事である。「PK」と略す。   概要 プレイヤーがフィールド上で戦闘不能になると装備品などを落とすシステムを逆手に取り、他のPCを攻撃し、金品を奪うプレイヤーが現れたのがプレイヤーキラーのはじめとされる。 当初は一種のプレイスタイルとして、また、ロールプレイとして肯定されていたが、レベルの高いPKがレベルの低いプレイヤーを狙い、金品を荒稼ぎする状態に納得できないライトゲーマーが増えた事で、ゲームメーカーもシステムを変更せざるを得ない事態となった。(PK禁止サーバを作ったり、プレイヤーを攻撃できない仕様に変更するなど) 現在では、PKを廃止しているゲームもあれば、PKを行ったペナルティとして、刑務所や流刑島に送られるシステムを導入したり、お互いが同意した上で、対戦を行う「PvP (Player versus player)」 モードを導入すると言った処置を行っているゲームもある。 PKを退治するプレイヤーを「プレイヤーキラーキラー(Player Killer Killer)」と言う。PKKと略す。 プレイヤーの中にはPKを迷惑行為として扱い、忌み嫌う人もいる。実際、プレイヤー個人に付きまとい、何度もプレイヤーキ…

床ペロRPG RPG用語

床ペロ

『床ペロ(ゆかぺろ)』とは、MMORPGで使われる用語で、プレイヤーキャラクターが戦闘不能になる事を意味する。戦闘不能状態に陥り、プレイヤーキャラクターが地面に仰向けになって倒れる姿が床を舐めているように見える事から由来する。   詳細 床ペロは数々のMMORPGを渡り歩いているオンラインゲーマーが使う傾向がある。「例:俺、まだこのダンジョンに慣れてないから、よく床ペロするんだよね・・・」 MMORPGでは、一番弱いクラス(職業)に「床ペロ○○(職業の名前)」と付け加えられ、インターネット上のフォーラムで議論(どうすれば強くなれるのか、いつになったら運営側がクラスを強化してくれるのか等)が行われている。 パーティ戦において、床ペロを起こすプレイヤーは嫌われる傾向がある。一人で敵に突っ込んだり、自分勝手な行動を取るプレイヤーは「床ペロ屋さん」と揶揄され、ユーザーから疎まれている。 床ペロを起こさないためには、「装備を充実させる」、「レベルを上げる」、「プレイヤースキルを上げる」、「仲間と連携する」などが重要になる。

e sports ゲームイベント

e-Sports

概要 e-Sports(Eスポーツ)とはElectronic sportsの略で、コンピュータゲームやビデオゲームで行われる競技のことである。高額な賞金(最高額は『League of Legends』で総額500万ドル)のかけられた世界的な規模で行われるプロフェッショナルな大会から、アマチュアまで競技が行われている。ジャンルやゲーム毎にプロチームやプロリーグが多数ある。現在E-Sportsの対象となっているゲームを遊ぶ人の数は、全世界で5500万人を超えている。 日本におけるe-Sports 日本においてe-sportsは、近年プロゲーマーを数人抱える格闘ゲームを筆頭に徐々に発展してきているといえるだろう。その証拠に格闘ゲームでは梅原大吾を筆頭に10名以上ものプロ・ゲーマーが誕生。世界で最もプレイされている。「DetonatioN」、「DeToNator」、「CoolBoys」、「myRevenge」などのプロチームも発足され始め、国内イベントもレッドブルが主催するRed Bull 5Gを筆頭に大小さまざまなイベントが行われている。[1]

AAAタイトル

読み方は「トリプルエータイトル」。主に欧米のメディアが使い始めた用語だったが、今やメーカー側の人間も使うようになり、一般化されつつある。 厳密な定義は無いが一言で言うと「大ヒットしたゲーム」。メディアでは販売本数だけを考慮し「300万本以上売れたゲーム」とする場合が多いが、一方で、「メーカーの顔となるゲーム」「莫大な予算をつぎ込んだゲーム」「クオリティの高いゲーム」などの定義もあり、メディア、開発者、ユーザー、それぞれの立場で定義はまちまちである。AAAタイトルの下は「Aクラス」であり、「AAクラス」は無い模様。 近年における問題として、Aクラスのゲームが制作される機会が少なくなっていることが挙げられる。これは収益を確実に上げたいメーカー、そして自分が購入したタイトルを確実に楽しみたいユーザーの意見が反映された結果であるが、これは新しいAAAタイトルの出現を阻むものであり、大きな懸念となっている。それを見越して、PS4やXbox Oneなどの次世代機(2013年10月現在)では、中小メーカーのゲームをアピールし、インディーズ開発を積極的に支援している。

一人称視点 ゲーム一般用語

一人称視点

コンピュータゲームにおける一人称視点(いちにんしょうしてん)とは、プレイヤーキャラクター自身の目に映るグラフィック視点のことを指す。 概要 画面に登場する主人公(プレイヤーキャラ)の視点で、ゲーム内の世界を自由に移動したり、行動するゲームスタイルを一人称視点ゲームと呼ぶ。一人称視点は、主人公の視点がそのままプレイヤーに伝わるためガンシューティングとの相性がよく、特に海外では、一人称視点のガンシューティングゲームは、古くから人気ゲームジャンルのひとつとして多くの人に親しまれている。一人称視点のガンシューティングは「First Person Shooter(ファースト・パーソン・シューター)」を略して、FPSと呼ばれる。FPSは「Shooter(撃つ)」という言葉から、正確にはシューティングゲームだけを対象としたゲームジャンルなのだが、銃を用いないアクションゲームやフライトシミュレーターなど、広く一人称視点のゲーム全般を指して使われることも多い。また、主人公の後方に視点を置き、画面にプレイヤーキャラクターが表示される視点を三人称視点と呼び、三人称視点で遊ぶゲームジャンルを「Third Person Shooter(サード・パーソン・シューター)」を略してTPSと呼ぶ。 歴史 一人称視点のゲームは、1973年にアメリカで発表された『Maze War』が始祖とされている。『Maze War』は、一人称3D視点を取り入れたほか、アバターシステムやインターネットプレイなどを取り入れ、多くのゲームに影響を与えた作品でもある。『Maze War』の一人称視点は、この作品に影響を受けて制作された『ウィザードリィ』によって、さらに広まることになった。1987年に発表された『ダンジョンマスター』や、1990年に発表された『ウィングコマンダー』など、その後も一人称視点のゲームは多く発売されるが、FPSというゲームジャンルを定着させたのは1993年にid Softwareが発表した『DOOM』である。『DOOM』は、一人称視点でゲームを進行させながら、銃やチェーンソーで敵を倒していく単純なアクション性に加え、隠された部屋やアイテムを探す探索要素もあり、世界中で人気を博した。『DOOM』は売り上げ総数1500万本という大ヒットを記録し、その人気の高さから「DOOM クローン」と呼ばれる類似品も多く発売された。このことから、FPSを「DOOM系シューティング」と呼ぶ人もいる。その後、現在でも人気シリーズとなっている『The Elder Scrollsシリーズ』の原点である『The…