あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
TPS

TPS

TPS(サードパーソン・シューティング)とは、操作キャラクター後方の視点から見下ろす形式で銃などを武器として移動・攻略するタイプのシューティングゲームを表すジャンル名称である。代表作『Gears of Warシリーズ』『グランド・セフト・オートシリーズ』『バイオハザードシリーズ(4以降)』など。

概要

操作キャラクター後方に固定(ないし配置)されたカメラ視点から見下ろす形式で、画面全体が操作キャラクター視点となるファーストパーソン・シューティング(FPS)とは違い、一歩離れた位置からゲーム世界とキャラクターを眺めるカメラ視点でゲームが進行する。

アメリカなど海外では「サードパーソン・シューター」(Third-Person Shooter)や「トップダウンビュー」と呼ばれることもある。ファーストパーソン・シューティング(FPS)ほどの没入感は得られないが、常に操作キャラクターの姿をゲーム画面内で確認出来るため、操作キャラクター周囲で発生する状況の把握がしやすく、キャラクターの格闘操作や回避対応が即座に出来ることから、アクション性が高いゲームで用いられる。

ゲームによっては、状況に応じてプレイヤーの任意操作でファーストパーソン・シューティング(FPS)形式に切り替えられるものもある。シューティング要素はなくとも、現在の3DアクションゲームのほとんどがTPSと同じカメラワークを採用している。個人差はあるが、プレイヤーはファーストパーソン・シューティング(FPS)よりは3D酔いしづらい。

TPSのデメリット

カメラと操作キャラクターの間に現実的な距離が存在するため、「カメラと操作キャラクターの間に障害物が入る」「カメラとターゲットの間に操作キャラクターが割り込む」「ファーストパーソン・シューティング(FPS)に比べて、ターゲットの視認性が下がる」「着弾に対する予測射撃操作を要する」といったゲーム性に影響を及ぼす側面も持っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ