あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
SWERY

SWERY

来歴

SWERY(スエリー)はアクセスゲームズに所属するゲームクリエイターで、本名は末弘秀孝である。1973年4月14日生まれ。SNKで『風雲スーパータッグバトル』や『月華の剣士』など対戦格闘ゲームの制作に関わり、ウーピーキャンプ、ディープスペースを経てアクセスゲームズに所属。

2010年3月11日にアクセスゲームズが開発した『レッド シーズ プロファイル』では、SWERYがディレクターとシナリオライターを担当しており、自身の代表作となっている。本作はゲーム情報サイトGameSpotより「Most Surprisingly Good Game(予想以上に面白かったゲーム)」に選出され、SWERYは「The Game Developer 50」に選ばれている。GameSpotは、時代遅れと感じられるグラフィック、そしてひどい操作性ではあるが、思い切ったストーリーの作りとなっており忘れられなくなるような印象的なシーンがあると評価している。緻密に練り上げられたストーリーは特に海外でカルト的な人気を誇り、北米とヨーロッパではディレクターズカット版がリリースされている。日本版のリリースは未定だが検討をしている。

PlayStation Portableで2010年10月14日にリリースされたマルチアクションゲーム、『ロード オブ アルカナ』にてSWERYはディレクターを担当。2010年9月16日から無料体験版のダウンロードが開始され、100万ダウンロードを記録した。本タイトルはトレーディングカードゲーム『ロード オブ ヴァーミリオン』と世界観を共有している。2011年12月17日にPlayStation Portableでリリースされた『ロード オブ アポカリプス』は続編タイトルで、SWERYはディレクターを担当している。

作品

  • 風雲スーパータッグバトル
  • 月華の剣士
  • ロード オブ アルカナ
  • ロード オブ アポカリプス
  • レッドシーズプロファイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ