あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
RMT

RMT

RMTとは、オンラインゲームなどで、ゲーム内アイテムやキャラクターを現金で売買する行為。

概要

オンラインゲームなどの多人数参加型ゲームで、仮想通貨やゲーム内アイテム、またはゲームキャラクターそのものを、ゲーム内通貨ではなく、現金で売買する行為を「リアルマネートレーディング(Real Money Trading)」と呼ぶ。また、それを略して「RMT」と呼ぶ。多くはMMORPGなどで行われていた行為だが、現在ではソーシャルゲームでも行われている。RMTは、現在のところ日本国内では法的に問題はない。しかし、オンラインゲームの中にはRMTを禁止している作品も多く、規約に反してRMTを利用した場合、RMTを行ったユーザーが何らかの罰則を受けることもある。

各ゲームのRMTの扱い

RMTを黙認、または容認しているオンラインゲームも存在する。ネットワークRPGの始祖とも言われる『ウルティマオンライン』では、ユーザー間のRMTは黙認され、公式にも明確には禁止されていない。また『Second Life』では、ゲーム内通貨である「Linden Dollar」のRMTも公認されている。『Diablo III』では、開発元のBlizzard Entertainmentが、ユーザー間でゲーム内アイテムや通貨の売買ができる「オークションハウス」を公式サービスとして提供している。オークションハウスはゲーム内通貨の「Gold」でアイテムや通貨の売買をする「ゴールド・オークションハウス」と、現金で売買ができる「リアルマネー・オークションハウス」がある。

RMTによるトラブル

RMTでは、現金のやり取りをすることから、時にはトラブルが発生することがある。代表的なものとして「現金を支払ったが、アイテムをもらえない」といった詐欺事件である。RTMはユーザー対ユーザーの個人取引によるものが多く、このような詐欺事件も多く報告されているので利用には注意が必要である。また、レアアイテムを獲得するためにBOTを大量に稼働させるユーザーもおり、それがサーバーダウンやラグ発生の原因になってしまうこともある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ