あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
NINTENDO 64

NINTENDO 64

概要

NINTENDO 64は、1996年に任天堂が発売された家庭用ゲーム機だ。「64」とはCPUが64ビットであることに由来する。1990年代に次世代ゲーム機と呼ばれた他社ゲーム機は32ビットであったため、高性能であることをアピールした名称である。任天堂のゲーム機としては初めて3Dゲームに対応した機種である。「ゲームが変わる。64が変える。」のキャッチフレーズとともに登場し、当時のゲーム機の中では最も高性能であった。さらにパーツの増設によって性能を向上させることが考えられており、後に本体に装着するメモリ拡張パックが発売された。

コントローラーは独特の形状をしており、両側と真ん中、計3つの持ち手を有している。真ん中の持ち手にはアナログ操作が可能な「3D(サンディー)スティック」が装備され、アクションゲームでの操作性を向上させている。他にも多くのボタンがあり、多様なゲームに対応している。また「振動パック」を装着することによって、画面の動きに合わせてコントローラーを振動させることができる。

特徴

他社のゲーム機が対応するソフトの形式をCD-ROMとしていたのに対し、NINTENDO 64はROMカセットを採用した。CD-ROMと比べてロード時間は早かったのであるが、構造が複雑なためソフトが高価であった。また、高性能であるがゆえにソフト開発に時間とコストがかかり、有力ソフトの数が他社よりも不足がちであった。それでも優れたゲームが多く発売されており、NINTENDO 64本体と同時発売となった『スーパーマリオ64』は3Dに対応した本体性能を生かしたアクションゲームで、ローンチタイトルとして本体の売り上げに大きく貢献した。

日本国内で554万台、国外で2738万台、計3292万台が出荷された。特に米国ではアクションゲームの評価が高かった。2001年に後継ゲーム機「ニンテンドーゲームキューブ」が発売され、すでに生産は終了している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ