あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
MOTHERシリーズ

MOTHERシリーズ

MOTHERシリーズ

『MOTHER』シリーズとは、任天堂が開発、販売するロールプレイングゲームシリーズである。ゲームデザインをコピーライターの糸井重里が担当した。

概要

1989年7月27日にシリーズ1作目となる『MOTHER』が、ファミリーコンピュータ用ソフトとして発売。開発はパックスソフトニカエイプで、キャッチコピーは「エンディングまで泣くんじゃない。」である。ゲームデザインをコピーライターの糸井重里が担当。任天堂がリリースする初めてのコマンド式のRPGタイトルであり、後の任天堂の看板シリーズとなる『ポケットモンスター』シリーズにも影響を与えた。

1994年8月27日には続編となるシリーズ2作目、スーパーファミコン用ソフト『MOTHER2 ギーグの逆襲』が発売。その後、ゲームボーイアドバンス用ソフトとして、『MOTHER』シリーズの1作目『MOTHER』と、2作目『MOTHER2 ギーグの逆襲』を収録した『MOTHER1+2』を2003年6月20日に発売。2006年4月20日にシリーズ3作目『MOTHER3』を発売した。『MOTHER』シリーズは『MOTHER3』によって完結し、以後続編タイトルは発売されておらず、また現在のところ開発の予定も発表されていない。

システム

基本はコマンド式のRPG。パーティメンバーはPSI(サイ)という、超能力のような特殊能力を持ち、フィールドや戦闘中に回復や攻撃、移動などに使用することができる。1作目『MOTHER』ではランダムエンカウントだったが、『MOTHER2 ギーグの逆襲』でシンボルエンカウントにシステムが変更。敵シンボルが味方キャラクターに接触する方向によって、戦闘に有利不利が発生するようになった。『MOTHER3』でもシンボルエンカウントは継承されている。

サウンドバトル

『MOTHER3』にのみ導入されている戦闘システム。本作の戦闘BGMにはそれぞれリズムが設定されており、攻撃時にリズムに合わせてボタンを押すことで、連続して攻撃を加える事ができる。最大攻撃回数は16回。

MOTHER3 豚王の最期

ゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された『MOTHER3』以前に開発されていたシリーズ3作目。NINTENDO 64用ソフトとして開発されていた。2000年5月に発売が予定されていたが、開発が難航。2000年8月に、任天堂より『MOTHER3 豚王の最期』の開発の中断が発表された。また、サブタイトルは「豚王の最期」の他に、「キマイラの森」や「奇怪生物の森」が発表されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ