あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
Entertainment Software Association

Entertainment Software Association

The Entertainment Software Association(ESA)は、米国のゲーム関連企業で作る業界団体である。日本のコンピュータエンターテインメント協会に相当する。

主な活動として毎年、初夏に開催されるE3(Electronics Entertainment Expo)を主催するほか、各種チャリティ活動、各種業界統計の作成、ゲーム業界の利益団体として政界に対するロビー活動などを行っている。また、米国でゲームソフトのレーティングを行うEntertainment Software Rating BoardもESAが主体となって設立された。

概要

ESAの正規メンバーは35社(2013年10月現在)。任天堂オブアメリカ、ソニー・コンピュータエンターテインメント・アメリカ、マイクロソフト、エレクトロニック・アーツ、テイク・ツー・インタラクティブ、ユービーアイソフトなど主要企業が名を連ねている。

主な活動

E3

ESAは世界最大のゲームの展示会であるE3の主催者として知られている。近年はメディア向けという存在が大きくなっているが、流通業者に対して年末に発売するゲームを強くアピールする場として生まれ、巨大化していった。E3 2012の来場者は約4万6000人。詳細はE3の項を参照のこと。

チャリティ

2000年に設立されたESA Foundationを通じて、チャリティ活動にも力を入れます。教育機関や各種団体に対する助成、ゲーム開発者を目指す学生に対する奨学金プログラム、資金調達のための「Nite to Unite」というパーティ・イベントなどを年間を通じて実施している。

ロビー活動

連邦レベル、州レベルでのロビー活動も実施。税制、表現の自由、コンテンツ規制、子供のプライバシー、モバイルプライバシー、エネルギー効率、など多岐に渡るゲーム業界の利益を代表した活動を行う。

「VIDEO GAME VOTERS NETWORK」という会員組織も持つ。

海賊版対策

ESAでは連邦政府等と協力して、海賊版対策にも力を入れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ