あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
DOA/デッド・オア・アライブ

DOA/デッド・オア・アライブ

『DOA/デッド・オア・アライブ( DOA: Dead or Alive)』2006年に公開されたアメリカ、イギリス、ドイツ合作のアクション映画。コーエーテクモゲームス(旧テクモ)の3D対戦型格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズを原作としている。監督はコーリー・ユン。主演はジェイミー・プレスリー、デヴォン青木、ホリー・ヴァランス。

ストーリー

世界最強のファイターを決めるトーナメント「デッド・オア・アライブ(DOA)」が東シナ海の孤島「ドアテク・アイランド」で開催される。賞金は1000万ドルということもあり、世界中から命知らずの猛者が集まった。しかし、この「デッド・オア・アライブ」には巨大な陰謀が影で蠢いていた。

主催者であり、科学者でもあるヴィクター・ドノヴァン(エリック・ロバーツ)は世界中のファイター達の遺伝子をかき集め、自らが最強の戦士として世界を支配するためにDOAを主催したのであった。主人公の全米女子プロレスのチャンピオン「ティナ・アームストロング(ジェイミー・プレスリー)」は、忍者一族の王女「かすみ(デヴォン青木)」、凄腕女泥棒の「クリスティー・アロン(ホリー・ヴァランス)」と共に、それぞれの想いを胸に秘めながらも、生き残りをかけて戦う事になる。

概要

  • 評判は賛否両論で、「莫大な制作費をかけたB級映画」として評価する声と、「問答無用のZ級映画」と批判する声に分かれている。

  • 公開当初のキャッチコピーは「そのルックスで殺す」

  • ジェイソン・ステイサム主演の大ヒット作『トランスポーター』を手がけたコーリー・ユンが監督をしている。

  • 原作ゲームをリスペクトした格闘アクションシーンが数多く登場する。

  • かすみが忍者一族の王女で、北海道に拠点を置いているなど、原作ゲームの設定から大幅な変更をしている。

  • 「登場人物が原作ゲームと全然似ていない」「リュウ・ハヤブサが禿げたおっさんでがっかりした」など、原作ファンから厳しい声が相次いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ