あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
Atariの墓

Atariの墓

Atariの墓

Atariの墓とは、ニューメキシコ州アラモゴード市にある埋立地のこと。『E.T. ジ・エクストラ・テレストリアル(E.T. The Extra-Terrestrial)』をはじめとしたアタリ2600専用ソフトが埋め立てられている。

詳細

Atariの墓には、1982年に発売されたアタリ2600専用ソフト『E.T. ジ・エクストラ・テレストリアル(E.T. The Extra-Terrestrial)』の山が埋葬されている。同ソフトを発売したアタリは、当時実写映画のゲーム化ということもあって製品の大量生産を行った。しかし、ゲームの出来前は散々なもので「史上最悪のクソゲー」として歴史に名を残すことになる。大量に余った在庫は、セミトレーラートラック14台分とされていて、その全てがニューメキシコ州のアラモゴート市にある埋立地に埋められた。

『E.T.』都市伝説の調査ドキュメンタリー映像

2014年4月26日、Fuel EntertainmentとXbox Entertainemnt Studiosらによって構成されたプロジェクトチームは、Atariの墓の発掘調査を行った。『E.T.』が発掘されるまで、Atariの墓は都市伝説に過ぎなかったが、1300本の『E.T.』が発掘された事により事実だと確認される。しかし発掘後も、Atariの墓には70万本近くのカートリッジが眠っているらしい。ちなみに、この発掘作業の記録は「Atari: Game Over」というタイトルで海外Xbox Liveにて配信されている。

トリビア

  • Atariの墓には『E.T. The Extra-Terrestrial』以外にも『Centipede』などのソフトが埋め立てられている。
  • アラモゴードの女性市長Susie Galea氏は、発掘作業で掘り起こされた『E.T.』に対し、「『E.T.』はもはや遺物だ」とコメントした。アラモゴート市内の博物館に提供し、展示物して閲覧できる状態にするとのこと。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ