あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
3DO

3DO

「3DO(スリー・ディー・オー)」とは1993年に、アメリカの3DO社が開発・販売した、マルチメディア端末及びその規格のこと。

概要

3DO社はエレクトロニック・アーツの共同創業者であるトリップ・ホーキンズ氏が設立した企業。プラットフォームホルダーが規格を策定し、それに共鳴した多数の企業がゲーム機を独自にリリースしていくという、PCにおける「PC/AT互換機」のような立ち位置を目指した。

ホーキンズ氏の出身であるエレクトロニック・アーツや日本の松下電器産業(現在のパナソニック)がこの規格を後押しした。

日本

日本では1994年に松下電器や三洋電機によって、この規格に準じた情報家電として「3DO REAL」(松下電器)、「3DO TRY」(三洋電機)として発売された。

ゲーム機は一般的なゲーム機と違い、そのハードに対応するゲームを作る際に発生するライセンス料というものが無かったため、必然的に高価に設定された。

元々のふれこみは一般的に認知されている「ゲーム機」というだけにとどまらず、音楽や映像も楽しめる「32bitマルチメディア端末」として新しい娯楽を提供する、というものだった。

が、その高価さやソフト不足、ソフトはとりわけ海外産のゲームが多く、当時はそういった海外産のゲーム=洋ゲーというのは総じてつまらないという風潮があったため売り上げは芳しくなかった。

またあくまで情報家電として扱っていたため、通常のゲーム機のように思い切って値段を下げる等の戦略が取れなかったことも不振の一因となった。

さらに同年末に発売された「プレイステーション」「セガサターン」等のゲーム機にも押され、1996年には市場から消えることとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ