あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
1UP

1UP

1UPとは、残機制ゲームの自機、キャラクター残機数が増えることを指す用語である。ゲームによっては、エクストラ (Extra) やエクステンド (Extend)と呼ぶものもある。

概要

残機制ゲームにおいて、自機数はゲームのリトライ可能数にあたり、自機が残っている限りはゲームを続けることが出来、自機数がなくなるとゲームオーバーとなる。 古くはアーケード、ファミコンから始まる多くの残機制ゲームでは、ゲーム中に特定のアイテム(『スーパーマリオブラザーズ』で言う1UPキノコ)を入手したり、一定のスコアを稼ぐ(『グラディウス』の2万点取得)など様々な条件をクリアすることで、ご褒美的な意味合いで自機数が加算されるシステムが組み込まれており、この自機が1機分加算されたことを1UPと呼ぶようになった。 

語源

1UPという言葉自体の語源は明確に判明していないものではあるが、ビデオゲームが世に出てくる以前より存在していたピンボールの「ゲームスタート→BALL1→BALL2→BALL3→ゲーム終了」といった1プレイの流れの中でのミスを1回だけチャラにするEXTRA BALLルールが元であるという説が有力とされている。[1] 読み方についても「ワンアップ」「ワンナップ」「イチアップ」というように人によって様々であり、読み方についても明確な決まりはない。

1UPの別の使われ方

1UPという言葉が指す意味は一般的には自機の増加を示すが、『バブルボブル』のように1Pプレイヤーと2Pプレイヤーを区別する表現として、1UP、2UPを使用しているゲームも存在する。[2][3] また、現在、一部のゲーム会社やゲーム専門サイトなどの冠として使用されている。[4][5]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ