あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
龍が如く 劇場版

龍が如く 劇場版

『龍が如く 劇場版』(りゅうがごとく げきじょうばん)は、。2007年3月3日に公開された日本のバイオレンス・アクション映画。セガの人気ゲームソフト『龍が如く』を原作としている。監督は三池崇史で、主演は北村一輝である。

ストーリー

「堂島の龍」の異名で極道から恐れられた男「桐生一馬(北村一輝)」が10年の刑期を終えて神室町に帰ってきた。10年の時の時が経っていても幼馴染み、「澤村由美(高岡早紀)」への愛が変わる事はなかった。

そんな桐生の前に、子犬を連れた9歳の少女「遥(夏緒)」が現れる。彼女は、行方不明の母親「美月」を捜すため、児童養護施設を抜け出して、神室町にやってきたと言う。桐生は、遥を連れて美月の行方を捜すことになる。

その一方で、神室町を支配する暴力団「東城会」から100億円もの金が消失してしまう。神室町のヤクザ達は、消えた100億円が桐生達に関係あると考え、捕らえようとする。巨大な敵と戦い、真相に近づくにつれ、様々な陰謀が蠢く事になる。

概要

  • 評判は「原作ゲームの設定やストーリーがまったく生かされていない」との声が多く、原作ファンから顰蹙を買っただけではなく、「アクションシーンに迫力がない」、「ラストの展開が呆れてしまった」など、映画ファンからも厳しい声が相次いだ。

  • 原作ゲームをリスペクトしたシーンなどが登場する。(スタミナンXを飲んで体力を回復するなど)

  • 真島五朗を演じた岸谷五朗が鬼気迫るものがあると原作ファンのみならず映画ファンからも評価された。

  • 細かいところでゲームとの相違点があり、原作ファンからは議論の対象となっている。(真島吾朗の眼帯が岸谷の利目の関係で左ではなく右になっている。桐生が真島に対して敬語を使っている。時系列が原作版では2005年の12月なのに対し、実写版では2005年夏になっているなど)

  • 原作「龍が如く」シリーズのプロデューサーである名越稔洋(神宮京平役)が登場人物として出演している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ