あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
黄色中隊

黄色中隊

概要

黄色中隊は、バンダイナムコゲームスのフライトシューティング『エースコンバット04 シャッタードスカイ』に登場する部隊。エルジア空軍第156戦術航空団に所属する戦闘機部隊である。正式名称は「アクィラ中隊」。通称「黄色の13(Yellow 13)」を隊長として運用されている。

詳細

黄色中隊は、エルジア空軍第156戦術航空団に所属する戦闘機部隊である「アクィラ部隊」のこと。黄色中隊は通称である。常に隊長の「黄色の13」を中心とし、僚機として随伴する隊員4人を選び、Su-37が5機編成の部隊として出撃する。パイロットは全員がエリート揃いで腕はかなりのものである。エンブレムは鷹、5機の機体、鷹座が描かれている。ISAFによる第1次ストーンヘンジ攻撃作戦の際には、12機のF-15Eと、護衛機として12機のF-15Cで構成された合計24機によるエリートパイロット達による部隊を、たった5機の黄色中隊が撃墜したことから、急激に知名度が上がり、恐れられるようになる。

しかし、コモナ諸島での空戦で、黄色中隊の1機がメビウス1に被弾させられ、物資も足りなくなってきている状態の中、ISAFによる第2次ストーンヘンジ攻撃作戦で「黄色の4」が撃墜されてしまう。そのまま中隊から他部隊への熟練パイロットの引き抜きなどもあり弱体化が進み、最終的にはエルジアの首都、ファーバンティでのメビウス1迎撃の際に、5機全機が撃墜されてしまい、「黄色の13」もついには撃墜されてしまう。これにより、実質的に黄色中隊は解散となる。

エルジア残存部隊

黄色中隊が撃墜・解散された後、それでも停戦にまだ納得がいかないエルジア残存部隊の一部のパイロットが、機体を黄色中隊と同じように塗装し、メガリスでの空戦時に登場する。黄色中隊を増やして驚かせようと思っていたが、同様にメビウス中隊も拡大、更にメビウス1以外にも「リボン」のエンブレムを塗装し、逆にリボン付きが増えたことで取り乱してしまう。ストーンヘンジにて敵国のエリートを多数撃墜したパイロットと同等に戦えるわけもなく、あっさりと撃墜される。この際に登場していたジャン・ルイは、早々に撃墜されるものの、僚機が発した名言により一躍有名となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連項目

関連商品

Page TOPへ