あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
鬼武者シリーズ

鬼武者シリーズ

鬼武者シリーズ

『鬼武者』(おにむしゃ)シリーズとは、カプコンが発売するアクションアドベンチャーゲームシリーズである。

概要

2001年1月25日にシリーズ第1作目となる『鬼武者』が、PlayStation 2用ソフトとして発売。基本は『バイオハザード』シリーズのようなサバイバルアクションゲームだが、主人公「明智左馬介」のモデルに俳優の金城武を採用。フェイステクスチャだけではなく、モーションアクターや声優も担当して話題になった。PlayStation 2初期の作品だが、グラフィックの質が高く、爽快感のある戦闘システムも含めて高く評価されヒット作となった。本作には続編である『鬼武者2』の予告動画も収録されており、クリア後に鑑賞が可能。その後、2002年3月7日に主人公「柳生十兵衛」のモデルに俳優の松田優作を採用した『鬼武者2』が発売。さらに2004年2月26日には、シリーズ3作目となる『鬼武者3』が発売された。『鬼武者3』には『鬼武者』で主人公を務めた明智左馬介に加え、フランスの俳優ジャン・レノをモデルとしたもう一人の主人公「ジャック・ブラン」が登場した。『鬼武者』シリーズは本来『鬼武者3』で完結する予定だったが続編を望む声が多く、2006年1月26日にシリーズ4作目『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』が発売された。

外伝作品

鬼武者タクティクス

2003年7月25日にゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売。『鬼武者』シリーズの外伝作品で、アクションアドベンチャーではなくシミュレーションロールプレイングゲームとして開発された。鬼の一族の血を引く武者「王仁丸」が、幻魔信長や秀吉と戦っていく。本家シリーズと同じように敵を倒すことで「魂」や「幻魔石」を入手でき、それを使ってアイテムやスキルの強化が可能。

鬼武者 無頼伝

2003年11月27日にPlayStation 2用ソフトとして発売された外伝作品。ジャンルは多人数対戦型アクションゲームで、『鬼武者』や『鬼武者2』に登場したキャラクターが登場する。最大4人までのマルチ対戦が可能。本作品のストーリーモードでは、『鬼武者』の後日談が描かれている。

鬼武者Soul

2012年10月19日に配信が開始されたブラウザゲーム。プラットフォームはパソコン、スマートフォン、PlayStation 3。プレイヤーはまず47都道府県から自分の領土を選び、武将を集めて育成しながら合戦、内政を行っていくシミュレーションロールプレイングゲーム。『バイオハザード』シリーズや『モンスターハンター]』シリーズなど、[[カプコンの他のゲームシリーズに登場するキャラクターも多数登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ