あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
逆転裁判シリーズ

逆転裁判シリーズ

逆転裁判シリーズは、株式会社カプコンが開発、発売しているアドベンチャーゲームのシリーズである。

概要

第一作『逆転裁判』が2001年10月12日にゲームボーイ・アドバンスで発売されて以後、続編やスピンオフ作品を重ね、最新作『逆転裁判5』が2013年7月25日にニンテンドー3DSで発売されている。発売して間もない『5』を除いても、シリーズ累計での販売本数が440万本を数えるカプコン社有数の人気タイトルである[1]。

「裁判」というあまり一般的でない題材を非常に爽快感あふれる「法廷バトル」に仕上げた快作として知られている。プレイヤーは弁護士を操作し、真犯人によって濡れ衣を着せられている依頼人の無実を証明するのが主なゲーム内容となる。

「逆転」の名を冠す通り、プレイヤーサイドは極めて不利な証拠をつきつけられた状態に置かれていることがほとんどだ。本作では、「無実を証明する」という複雑な目的に対して、「証拠の矛盾点を追求する」という方向性で明快なゲーム性を打ち出している。早い話が、証人が並べる証言の「ウソ」を見つけるゲームだ。容疑者の罪を追及する検事サイドも負けじと猛反論してくるため、法廷では常に綱渡りの緊迫感が漂う。激しい舌戦の結果、見落とされていた重大な事実が浮かび上がり、物語自体が大逆転してしまうストーリーも魅力である。

本シリーズは2013年現在で13周年を数えるが、ゲームハードが旧式化した初期の3作などもニンテンドーDSやスマートフォンアプリへの移植でプレイの敷居は低くなっている。2012年には第1作のストーリーをモチーフとした実写映画化もされており、こちらも作品の空気を手軽に味わえる作品となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ