あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
解像度論争

解像度論争

解像度論争

「解像度論争(かいぞうどろんそう)」とは、マルチプラットフォーム展開しているゲームタイトルが、ゲーム機によって対応解像度が違う事で起きる論争のこと。

詳細

第7世代以降のゲーム機では、サードパーティのゲームタイトルがマルチプラットフォーム展開している事が多いが、ゲーム機によってゲームキャラクターの表示数、木や草の数、解像度などの仕様の違いがある。これらの違いはゲームの面白さと関係ないものの、ファンボーイと呼ばれる一部のユーザー層が論争の題材として扱う。

解像度論争の内容

解像度論争の内容のほとんどが、ゲーム機に対しての批判である。例えば、他社のゲーム機の本体価格を比較したり、ゲーム機に使われている部品を言及したりといった議論が交わされるものの、ファンボーイ同士の煽り合いなども多く含まれているため、論争が起きても膠着状態で終わる傾向にある。

『Assassin's Creed Unity』の解像度問題

UBIソフトのアクションゲーム『Assassin's Creed Unity』のシニアプロデューサーVincent Pontbriandは、PlayStation 4 / Xbox One版の解像度は900pになると発言した。これは複数のゲームキャラクターを同時に動かすと動作が不安定になるので、コンソール版の解像度を900pに一定するという、もっともな理由であった。

しかし、一部のユーザーから「解像度論争を避けるために行った処置なのでは?」といった声がささやかれた事で、結果的に解像度論争の題材として扱われてしまった。

解像度論争の収束

ゲーム機が発売されて数年経つと、解像度論争は徐々に収束していく。これはマルチプラットフォーム向けのゲーム開発環境が整ったサードパーティが増えるためである。また、このことからゲーム機の世代の移り変わりに解像度論争が起きる傾向にある。

トリビア

・PS4版『Assassin's Creed IV: Black Flag』は発売後、アップデートによって解像度が900pから1080pに向上した。このようにアップデートで解像度が変更されることもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ