あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
芝村裕吏

芝村裕吏

来歴

芝村裕吏(しばむら ゆうり)は4月30日生まれのフリーランスのゲームクリエイター。アルファシステムにて『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界観である無名世界観を創作したことで知られるようになる。アルファシステムは同じ世界観を持たせることで継続してファンを獲得する戦略を立案した。そこで創作された世界観が無名世界観である。これにはSF、オカルト、神話などが取り入れており、創作には芝村裕吏や矢上総一朗が関わっている。

その後共通の世界観を持った『式神の城』、『絢爛舞踏祭』、『ガンパレード・オーケストラ』などを制作。芝村裕吏は無名世界観に基づくテーブルトークRPG、Web小説『水素の心臓』、『ヴァンシスカの悪魔』なども手がけている。無名世界観には複数の世界が存在し、ワールドタイムゲートと呼ばれる通り道によって情報が共有されている。世界観の設定は非常に入り組んでいるため、ビギナーには敷居が高い。そこでアルファシステムのウェブサイトにはビギナー向けのBBSが設置されていた。

また、作家としての一面も持っており、2012年に刊行されたライトノベル『マージナル・オペレーション』は月刊アフタヌーンにおいて漫画化されている。過去に芝村裕吏とは2代目、3代目と代変わりをする複数の人物から構成されるペンネームとされていたが、実際は芝村裕吏ひとりの人物である。芝村裕吏が雑誌や同人誌のインタビューにて自身について語る際、内容に矛盾が多いため実年齢を含めて謎に包まれている。

作品

  • 高機動幻想ガンパレード・マーチ
  • 式神の城
  • 絢爛舞踏祭
  • ガンパレード・オーケストラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ