あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
船水紀孝

船水紀孝

経歴

船水紀孝(ふなみず のりたか)は1985年にカプコンに入社し、アーケード部門に配属される。『ヴァンパイアセイヴァー』や『スーパーストリートファイター II』などの、格闘ゲームの制作を手がける。他にも『ジョジョの奇妙な冒険』などのマンガ、アニメとしても人気を博したシリーズも手掛けた。カプコンを退社した後、クラフト&マイスターの取締役として活躍し、『超ドラゴンボールZ』の開発の指揮をとり、『ガンダムブレイカー』や『キャスティングボイス』などの、多種多様なゲーム制作に携わった。

実績

『スーパーストリートファイター II』シリーズや『ヴァンパイアセイヴァー』などの数多くのゲーム史に残る2D対戦格闘アクションを手掛け、後にカプコンのゲームを統括する立場となる。モーションや背景ひとつひとつにこだわりを持った作りで高い評価を得ている。特に『ストリートファイター II』のベータテスト版を一人で作り上げた功績は大きい。また、人気コミック『週刊少年ジャンプ』に連載されていた『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦とタイアップしたゲーム制作に携わるなど、活動は幅広い。

荒木飛呂彦の原作を読んでゲーム制作に活かしたときには、原作が好きなため、モーションから背景まで細かくこだわったと語っており、ゲーム制作とアニメの融合を図る努力を惜しまない姿勢を見せた。原作の漫画家・荒木飛呂彦も船水紀孝の制作に対して、原作以上のゲームにおけるキャラクター動作の機動性などを絶賛している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ