あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
絶体絶命都市シリーズ

絶体絶命都市シリーズ

絶体絶命都市シリーズ

『絶体絶命都市』シリーズとは、アイレムが開発、販売するサバイバルアクションアドベンチャーゲームシリーズである。

概要

2002年4月25日にシリーズ第1作『絶体絶命都市』がPlayStation 2用ソフトとして発売。開発、販売はアイレムソフトウェアエンジニアリング。プレイヤーは大地震によって崩壊した架空の人口島都市「首都島」に取り残された人物となり、生き残るために脱出を目指すサバイバルアクションアドベンチャーである。本作は海外でも発売され、北米では「Disaster Report」欧州では「SOS The Final Escape」というタイトルで発売された。2006年3月30日にはPlayStation 2用ソフトとして、シリーズ2作目『絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-』が、2009年4月23日にはPlayStation Portable用ソフトとして、3作目『絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-』が発売。その後、PlayStation 3用ソフトとして4作目となる『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』が2011年3月10日に発売される予定だったが、開発に遅れが生じていたことと、東日本大震災の影響によって発売は中止。同時に、シリーズの生産も中止された。

システム

フィールドを探索しながらゲームを進めていくアクションアドベンチャー。災害により崩壊している都市が舞台なため、建物や道路などが倒壊したり、あらゆる災害に襲われる。そのため、適切な行動によって自分の身を守りながらゲームを進めていく必要がある。プレイヤーにはHPがあり、なくなってしまうとゲームオーバーとなる。また、『絶体絶命都市』では喉の渇きを表すQPゲージ、シリーズ2作目『絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-』では体調を表すTPゲージ、3作目『絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-』ではストレスゲージなど、体力の他にもゲームに影響するゲージが存在する。これらのゲージは、ゲームプレイ中のさまざまな行動によって増減するため、計画的にゲームを進行させていく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ