あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
経験値

経験値

経験値とは、キャラクターの成長に必要な経験量を数値化したものである。

概要

主にRPG作品で採用される成長システムに使用する数値で、モンスターを倒したり、クエストをクリアすることで「経験を積んだ」と見なされ、設定された経験値をキャラクターが獲得する。獲得した数値の合計によってレベルが上がり、キャラクターの成長に繋がる。世界初のロールプレイングゲームであるTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』に組み込まれた経験値システムを、ビデオゲームにも応用したのが始まりとされている。

『ファイナルファンタジー2』や『ロマンシング サ・ガシリーズ』のように、数値化された経験値による成長システムを採用せず、「熟練度」という形で戦闘中に行った行動を元に能力値の上昇や武器や魔法の熟練度が上昇するゲームもある。ゲームが一般的に普及してきてからは、スポーツや恋愛など現実の事象について、技術や能力が足りていないことを表して「経験値が足りない」という言い回しが使われるようにもなった。

RPG以外で採用された経験値成長システム

経験値による成長システムを採用したゲームはRPG作品だけではない。アクションゲーム『フロントミッションシリーズ ガンハザード』では、ミッション終了後に任務の達成度や倒した敵の数によって経験値を獲得することで、キャラクターがレベルアップして、HPが上昇したり高ランクの装備が習熟可能になる。[1]

シューティングゲームの『サイヴァリア』では、敵機を倒したり、BUZZ(敵弾もしくは敵機を自機にかすらせる行為)をした際に経験値が入り、レベルアップすることで、自機の攻撃力が増し、形状も変化し、後のステージ攻略が有利になる。[2]

プレイヤーの経験値

アクションゲームリズムゲームで、プレイヤーがゲームをプレイする毎に操作や演奏が上手くなるのも、数値的なものを現実に得ているわけではないが、ある意味プレイヤーに経験値が溜まり、プレイヤー自身がレベルアップしているとも言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ