あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
竹田玄洋

竹田玄洋

竹田玄洋(たけだ げんよう、1949年3月7日-)は、任天堂代表取締役専務総合開発本部長。NINTENDO64以降の任天堂の据置型ゲーム機の設計から開発までを指揮している。

人物

1972年7月に任天堂に入社。1980年12月に製造本部 開発第3部長、2000年6月に取締役 総合開発本部長、2002年5月に岩田聡新体制で代表取締役専務となり集団指導体制の一員となった。

1975年に発売された業務用の『EVRレース』(任天堂レジャーシステム)の開発に携わり、任天堂として最初のゲームデザイナーとされている[1]。その後も『パンチアウト!!』『シェリフ』『スペースファイアバード』など任天堂初期の業務用作品を多数手掛けた。

その後は軸足をハードウェアに移し、NINTENDO64以降は据置型ゲーム機の責任者として開発に携わっている。

主な作品

  • EVRレース(業務用、1975年)
  • シェリフ(業務用、1979年)
  • スペースファイアバード(業務用、1980年)
  • ポパイ(業務用、1982年)
  • パンチアウト!!(業務用、1983年)
  • スーパーパンチアウト!!(業務用、1985年)

主な製品

  • NINTENDO64(1996年)
  • 64DD(1999年)
  • ニンテンドーゲームキューブ(2001年)
  • Wii(2006年)
  • Wii U(2012年)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ