あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
神直利

神直利

来歴

神直利(じん なおとし)はフロム・ソフトウェアの代表取締役社長を務めるゲームクリエイター。バイク事故で長期入院した際に独立することを決意し、1986年11月1日にフロム・ソフトウェアを設立。社長という立場でありながら、ゲーム開発に深く関わっている。読後感のような「ユーザーに対して何かを残すゲーム制作」をポリシーにしている。当初は豚のエサ管理といった農業系ビジネスアプリケーションソフトの受託開発をしており、一般的なゲームソフト制作会社と異なって社員がスーツ姿で働く珍しい会社だった。1994年のPlayStation発売をきっかけにゲーム開発に参入。

1994年12月16日に開発第一弾ソフト『キングスフィールド』をリリース。日本製としては非常に珍しい、一人称視点RPGである本作はシリーズ化され、携帯電話アプリとしてもリリースされた。シリーズ中の一部のタイトルは欧米でもリリースされており、日本に比べてFPSが盛んな国ではヒットタイトルとなっている。

その他に『アーマード・コア』シリーズ、『エコーナイト』シリーズなどが人気を博している。『アーマード・コア』シリーズは1997年7月10日に第一作がリリース。3Dメカアクションを取り入れたシミュレーションゲームで、早い段階からオンライン対戦を採用したため世界中に多くのファンを持ち、小説化、OVA化、漫画化などメディアミックスも行われている。神直利は本シリーズをプレイする際、「ガチタン」と呼ばれる重装タンク型脚部を愛用している。

作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ