あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
神ゲー

神ゲー

神ゲー

『神ゲー(かみげー)』とは、『神がかっているゲーム』の略で、ゲームとして完成されている名作の事を指す。

概要

『神ゲー(かみげー)』は、ゲーマーが使う言葉で、多くの人から名作と崇められているゲームの中から個人的に最も気に入っているタイトルを指す言葉として使われる。『神ゲー』とされている有名なものでは、任天堂のアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説 時のオカリナ(The Legend of Zelda: Ocarina of Time)』やカプコンのサバイバルホラー『バイオハザード 4(BioHazard 4)』、スクウェア・エニックスのロール・プレイング・ゲーム『ファイナルファンタジー VII(FINAL FANTASY VII)』などが挙げられる。

余談

神ゲーの傾向

  • 後にシリーズ化されるほどヒットを起こし、続編がリリースされた後、ユーザーから『1の方が面白かった』と言われる。
  • 対戦モードにおいて非常にゲームバランスが良い。
  • トイレが作りこまれている。ただし、あくまでゲーマーの間で噂されているジンクスである。
  • Mojangサンドボックスゲーム『マインクラフト(Minecraft)』など、ゲーム業界に影響するほどの斬新なシステムを取り入れている。
  • ゲームに関係ないオブジェクト(車、建物、雑貨)などが作りこまれている。
  • 大々的なプロモーションは行っておらず、口コミのみで大ヒットを起こしている。フロムソフトウェアが開発し、ソニー・コンピュータエンターテインメント販売のアクションRPG『デモンズソウル(Demon's Souls)』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ