あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
横井軍平

横井軍平

横井 軍平(よこい ぐんぺい)は、京都府出身のゲームクリエイター。1941年9月10日生、1997年10月4日没。元・任天堂製造本部開発第一部部長、株式会社コト代表。

来歴

1965年、同志社大学の工学部電子工学科を卒業した後、任天堂に初の工業デザイナーとして入社。工学的知識を活かし、伸び縮み式の玩具を作り暇をつぶしていた経緯から、翌年の1966年にそれをそのまま『ウルトラハンド』として商品化することになる。『ウルトラハンド』は最終的に任天堂としては稀に見る大ヒットとなり、これがきっかけで横井のために任天堂初の開発部門「開発課」が立ち上げられ、以降も同課で『ラブテスター』や『光線銃シリーズ』など様々な玩具が生み出された。

1979年、開発課が開発第一部と開発第二部に二分され、横井は開発第一部部長に就任(開発第二部部長は上村雅之氏)。主に『ゲーム&ウオッチ』や『ゲームボーイ』など携帯型ゲーム機を中心に手掛けるかたわら、数多くのゲームボーイ専用ソフトやファミコン専用ソフトの開発にも携わる。しかし、当時の横井はコンピュータが相当苦手であったこともあり、ゲームソフトの製作自体には関わらず、一連の作品を通してプロデューサーにとどまっている。

また、『ゲーム&ウオッチ』マルチスクリーン版では、『ファミリーコンピュータ』や『ゲームボーイ』を始め、それ以降の家庭用ゲーム機でも継続して実装されることになる「十字キー」を発案し、他のメーカーでもアイディアを基に似せた装備が導入されるほど、画期的な操作性を生み出したボタンとして注目された。

1996年8月、開発第一部を出石武宏氏に託して任天堂を退社し、新たに株式会社コトを立ち上げた。これにより、同年7月発売の『ゲームボーイポケット』が、横井が任天堂で手掛けた最後の家庭用ゲーム機となった。株式会社コトを設立して以降は、バンダイより1999年に発売された携帯型ゲーム機『ワンダースワン』に開発の中心的人物として関わり、同ゲーム機のローンチタイトルである『GUNPEY』では監修を務めていた。

今後の計画や活躍を見据えていたさなか、1997年10月、石川県の北陸自動車道の上り線を知人が運転する車で走行中に、前方を走る軽トラックに追突する事故を起こす。軽トラックが故障したため、軽トラックを押し動かそうと横井が知人の車を降りた直後、後方から走行してきた自動車に強くはねられ、病院に搬送されるも外傷性ショックにより帰らぬ人となった。享年56歳。このため『ワンダースワン』および『GUNPEY』は横井の遺作となり、「ガンピー」であった『GUNPEY』の当初の読みを、遺作の念を込めて公式に「グンペイ」と発表した。

手掛けた家庭用ゲーム機および周辺機器

  • 1980年 ゲーム&ウオッチ(1981年 ワイドスクリーン、1982年 マルチスクリーン、1984年 カラースクリーン)
  • 1983年 ファミリーコンピュータ
  • 1984年 光線銃シリーズ
  • 1985年 ファミリーコンピュータ ロボット
  • 1989年 ゲームボーイ
  • 1995年 バーチャルボーイ
  • 1996年 ゲームボーイポケット
  • 1999年 ワンダースワン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ