あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
時田貴司

時田貴司

来歴

時田貴司(ときた たかし)はスクウェア・エニックスに所属するゲームクリエイター。1966年1月24日生まれ。高校在学中から劇団で活動を始めており、役者を目指していた。生活を支えるためにゲーム制作会社のZAPにてグラフィックデザイナーのアルバイトを始め、1985年にスクウェア(現: スクウェア・エニックス)に入社する。同期はゲームクリエイターの河津秋敏である。

入社当初はRPGに興味が無かったが、『ドラゴンクエスト II』を薦められたことをきっかけにRPGに興味を持つ。その後、ゲームボーイ初のRPGである『魔界塔士Sa・Ga』のキャラクターデザインに関わる。その後スクウェアの『ファイナルファンタジー』シリーズのゲームデザインを担当。スピンオフ作品である『ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士』などの制作にも携わっている。

役者を目指していたため、ストーリー性を重視した作品作りで知られている。そのため、ディレクターデビュー作品である『ライブ・ア・ライブ』や『ファイナルファンタジー IV』では、仲間の裏切りや人間のネガティブな部分が描写されている。しかし、現在はその考えから変化しつつある。

スケジュールが多忙なことより芝居から遠のいていたが、現在は演劇ユニットPures、脱線劇団ページワンにも所属している。舞台では役者だけでなく、脚本や監修も担当している。また、熱狂的なプロレスファンであるため、ゲーム雑誌などにマスク姿で登場することもある。

作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ