あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
広井王子

広井王子

概要

広井王子(ひろい おうじ)は、東京都出身のマルチクリエイターである。ゲーム制作だけではなく、アニメや特撮の原作、ラジオパーソナリティーを行うなど、その活動は多岐にわたる。

経歴

1954年生まれ。立教大学中退。自主制作映画の配給会社に勤めた後、俳優の森本レオの付き人を経て、制作会社レッド・カンパニー(現: レッド・エンタテイメント)を設立し、食玩やアニメの企画や原作を行うクリエイターとなった。1988年放映のTVアニメ、魔神英雄伝ワタルでは原作、プロデュースを務め、その名が広く知られるようになる。1989年に企画、原案を務め、ハドソンと共同開発したPCエンジン用ゲームソフト『天外魔境』シリーズのヒットによって、ゲームクリエイターとしての仕事が多くなっていった。

1996年に発売されたセガサターン用ソフト『サクラ大戦』をプロデュース。キャラクター構成にあかほりさとる、原案に藤島康介、メカデザインに明貴美加など、漫画、アニメ界の著名なクリエイターが結集したこのソフトは大ヒットとなり、シリーズ化やPlayStation 2版、WindowsPC版など他機種に移植され、関連作品もゲームだけでなく漫画、アニメ、小説と広く展開した。また、声優自身が出演するミュージカルも上演され、多くの動員を記録した。また、広井自身もプロデューサーとして注目され、雑誌やテレビへのメディア露出が多くなり、ゲームクリエイターが注目を集めるようになったはしりとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ