あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
小林裕幸

小林裕幸

来歴

小林裕幸(こばやし ひろゆき)は名古屋市出身のカプコン所属のゲームクリエイター。1972年8月12日生まれ。1995年にカプコンに入社し、『ディノクライシス』シリーズのプロデューサーなどを務める。その後『デビルメイクライ』『デビルメイクライ4』のプロデューサーを経て、『戦国BASARA』のプロデューサーを担当し、人気シリーズとなる。小林裕幸はTVアニメ『戦国BASARA』、映画『バイオハザード』の制作にも参加しており、自信がプロデューサーとして関わった『デビルメイクライ』シリーズや、『ディノクライシス』シリーズはカプコンを代表する人気シリーズとなったが、『戦国BASARA』シリーズに対する思い入れが最も強い。

2012年5月24日にリリースされたオープンワールドアクションRPG、『ドラゴンズドグマ』のプロデュースを担当し、その自由度の高いゲームシステムが注目されてスマッシュヒットとなった。ラジオやゲームイベントでは積極的に発言し、さらに自分宛てのプレゼント箱を用意している。アニメDVDでは積極的にオーディオコメンタリーに参加している。自身のツイッターやブログでは過激な発言が多いため、多くのゲームファンが注目している。

作品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ