あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
女神転生シリーズ

女神転生シリーズ

女神転生シリーズはアトラスが開発するコンピュータRPGを中心とした日本のゲーム・シリーズである。狭義ではタイトルに「女神転生」を含むものを示すが、広義では派生したゲーム・シリーズも含める。「女神シリーズ」という略語が公式に用いられている。「コンピュータによる悪魔召喚」がシリーズ共通のコンセプトである。

西谷史の小説「デジタル・デビル・ストーリー」シリーズ1作目「女神転生」のメディアミックス展開の一環として、株式会社ナムコ(現:株式会社バンダイナムコゲームス)が1987年9月11日に発売した『デジタルデビル物語(ストーリー) 女神転生』が始まりとなった。1990年4月6日には『デジタルデビル物語(ストーリー) 女神転生II』が発売された。これらは任天堂の家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ向けである。

1995年12月25日には、セガサターン向けに『真・女神転生~デビルサマナー~』が発売された。以降、続編が発表され『真・女神転生』シリーズおよび『デビルサマナー』シリーズとなった。

一方、プレイステーション向けには『女神異聞録~ペルソナ~ 』が1996年9月20日に発売され、こちらも続編が発表されて『ペルソナ』シリーズとなった。

アトラスは2010年10月に株式会社インデックスへ吸収合併されたがブランド名として残存しており、本シリーズもRPGに限定されず格闘ゲームやソーシャルゲームなど広く展開し続けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ