あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
太閤立志伝

太閤立志伝

『太閤立志伝(たいこうりっしでん)』シリーズとは、コーエーテクモゲームスが開発、販売しているフランチャイズ。第一作目は1992年に発売され、現在まで5作リリースしている。

概要

『太閤立志伝』シリーズは、「リコエイション(REKOEITION)」ゲーム(注1)で、豊臣秀吉の出世、立志などの生き様をテーマとしている。非常に高い自由度がユーザーから評価されており、特にシリーズ5作目『太閤立志伝 V』はコーエーテクモゲームスの名作として挙げられている。

詳細

  • プレイヤーは木下藤吉郎(豊臣秀吉)となり、織田家の「評定(会議)」に出席して、織田信長から様々な課せられる「主命(任務)」をこなし、出世していく事になる。(織田家の中には木下藤吉郎を好ましく思っていない武将もいるため、プレイヤーは出世をかけてライバルと競い合う事になる)

  • 一作目の『太閤立志伝』では木下藤吉郎しか主人公を選べなかったが、最新作では登場する全ての武将を主人公として選択出来る。また、プレイヤーが新たに好きなキャラクターを作って主人公にする事も出来る。

  • 『太閤立志伝』の立志とは「将来の目的を定めて、これを成し遂げようとすること」であり、プレイヤーは自分が定めた目標にそって行動する事になる。(目標によってクリア条件が違う)

  • 「戦国武将」として名を上げる、悪名高き「辻斬り」として生きる、一攫千金を狙って「商人」になる、「海賊」として海を支配する、「忍者」として闇の世界を生きるほか、「医者」「職人」「茶人」と言った職業にもなれるため、その自由度からユーザーに「和製GTA」と評されている。

  • 「謀反」を起す事も出来る。例えば、織田家の武将として天下統一してエンディングを見たら、クリア直前のデータをロードして、次は謀反を起こし、織田家と戦うといったやり込みプレイも出来る。

  • PC版『太閤立志伝 V』には「イベントコンバーター」というイベントを簡単に作れるツールが公式サイトにて配布されている。有志により作られた様々なイベントがインターネット上にアップロードされている

注釈

  • 1.リコエイションゲームとは、ロールプレイングゲーム(RPG)とシミュレーションゲームを組み合わせたもので、コーエー独自の造語。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ