あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
大神一郎

大神一郎

大神一郎

『大神一郎(おおがみ いちろう)』はセガのアドベンチャーゲーム『サクラ大戦』シリーズの主人公。恋愛要素を含んだ同シリーズにおいて、多くの男性ファンを獲得しているキャラクターである。

概要

『大神一郎』は『サクラ大戦』シリーズの主人公である。1903年1月3日生まれで、23歳。出身は栃木、身長は176cm、体重は65kg、血液型はA型。普段は大帝国劇場の少女劇団「帝国歌劇団」の元でモギリ(注1)として働いているが、緊急事態には特殊部隊「帝国華撃団・花組」として先頭を切って戦う勇敢な隊長として活躍する。

詳細

  • 性格は正義感が強く、熱い男として描かれているが、日常生活では優しく、どこか抜けている男としてヒロイン達に扱われている。また、ヒロインがシャワールームや風呂場で入浴していると、体が勝手に動き、覗く習性がある。
  • サクラ大戦 3~巴里は燃えているか~』では、舞台をフランスのパリに変わり、「巴里華撃団」の隊長を務めた。当時は、日本人と言う事で、巴里の人々に偏見の目で見られていたが、次第に信頼を獲得して「黒髪の貴公子」とまで呼ばれる事になる。(フランスへ行った名目は留学である)
  • 海軍士官学校を首席で卒業している。(卒業後は「帝国華撃団・花組」の隊長に任命された)
  • 声優は陶山章央(すやま あきお)が担当している。
  • 剣術も相当な腕で、二刀流を扱える。また、男性でありながら強い霊力を持ち、霊子甲冑「光武」を操縦する事が出来る。
  • 稀に「帝国歌劇団」の舞台の演出を手伝う事がある。
  • サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』の主人公「大河新次郎」は甥にあたる。
  • サクラ大戦4 ~恋せよ乙女~』以降は、帝国華撃団の総司令及び、大帝国劇場の支配人を勤め、大出世を果たしている。
  • 4人家族で両親と姉がいる。また、「ワコ」という名前の犬を飼っている。

注釈

  1. モギリとは、チケットの版権をもぎ取る仕事。映画館や劇場などで見受けられる。アルバイトでも出来るような簡単な仕事である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ