あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
大神シリーズ

大神シリーズ

大神シリーズ

『大神(おおかみ)シリーズ』とは、カプコンが発売するアクションアドベンチャーシリーズである。

概要

2006年4月20日にシリーズ1作目である『大神』がPlayStation 2用ソフトとして発売。開発はクローバースタジオ(現プラチナゲームズ)。同スタジオの処女作としても知られている。古代日本風の世界を舞台とした3D和風アクションアドベンチャーゲーム。プレイヤーは狼の姿をした「アマテラス(天照大神)」となり、荒廃した世界を回復させながら世界を冒険していく。古代日本を舞台にした世界観や、感動的で完成度の高いシナリオ、そして「筆しらべ」という独特なシステムなどが高い評価を受けヒット作となる。2006年には文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門大賞を、2007年には日本ゲーム大賞優秀賞を受賞した。また、国外からの評価も高く、IGNが主宰するThe Best of 2006で、Overall Game of the Yearも受賞した。本作は2009年10月にWii移植版が、2012年11月には『大神 絶景版』というタイトルでHDリマスターされたPlayStation 3版が発売された。2010年9月30日には、続編タイトルであるニンテンドーDS用ソフト『大神伝 ~小さき太陽~』も発売されている。

筆しらべ

コントローラの左スティック(『大神伝 ~小さき太陽~』ではニンテンドーDSのタッチパネル)を使用して、画面内に特定の模様を描きアクションを起こすシステム。筆しらべは世界の回復や戦闘時など、さまざまな場面で使用する。ゲームが進むごとに使用できる筆しらべの種類も増加していき、ゲーム序盤では通れなかったような場所も、ゲーム後半で覚える筆しらべを使用すると通れるようになるなど、本シリーズの攻略の鍵となっている。

外部出演

本シリーズの主人公である「アマテラス」は対戦格闘ゲーム『マーヴル VS. カプコン3 フェイト オブ トゥー ワールド』および『アルティメット マーヴル VS. カプコン3』にプレイアブルキャラクターとして参戦。勝利メッセージにはサブキャラクターのイッスンも登場する。また、『タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』では、本シリーズに登場する「常闇ノ皇」がボスキャラクターのひとりとして登場した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ