あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
土管

土管

土管

「土管(どかん)」は、任天堂の『マリオ』シリーズに登場するオブジェクト。土管の中に入ると、違うステージや、違う世界に行く事が出来る。1985年9月13日に発売された『スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros.)』で初登場した。

概要

土管は、任天堂の『マリオ』シリーズにおいて幅広く活躍しているオブジェクト。緑色をしており、くぐると違う世界に行けたり、ボーナスステージに行く事が出来る。しかし、土管の中には、攻撃的な「パックンフラワー」が生息している場合があるため、近づくには注意が必要である。また、土管は『スーパーマリオブラザーズ』以降のマリオの職業を「配管工」として確立した重要な存在である(以前は大工であった)。現在でも多くのゲーマーからマリオワールドの象徴して扱われており、ファンメイドの実写ムービーに登場したり、数多くのファンアートで描かれている。加えて、他社のゲームメーカーからパロディ、オマージュ、リスペクトされる事も多く、エレクトロニック・アーツ(EA)のカーアクションゲーム『ニード・フォー・スピード: モストウォンテッド(NFS: Most Wanted)』では、イースターエッグとして登場していたり、D3パブリッシャーのバカゲーアクション『EAT LEAD マット・ハザードの逆襲』や、Rainbow Artsのアクションゲーム『グレートギアナシスターズ(The Great Giana Sisters)』では、土管がマリオシリーズと同じ役割をしている。

土管の由来

スーパーマリオブラザーズ』に土管を登場させた事について、同作を手がけた宮本茂は、少年漫画に登場する空き地には必ず大きな土管が置いてあり、土管があれば自然と中に入ってしまうという子供の習性から影響を受けている。加えて、住宅地にあるコンクリートの壁から突き出してあった複数の土管を見て、「土管の中に入り、違うステージを行き来する」というアイディアを思いついたと語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ