あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
四八(仮)

四八(仮)

四八(仮)

四八(仮)(しじゅうはちかっこかり)とは、アルカディア・プロジェクトシャノンが開発し、バンプレストより発売されたホラーアドベンチャーゲームである。

概要

2007年11月22日にPlayStation 2をプラットフォームに発売。開発はアルカディア・プロジェクトとシャノン。販売はバンプレストより。ジャンルは47都道府県ミステリーとされており、日本全国の各47都道府県を舞台とした怪談がサウンドノベル形式で収録され、それらを読み進めながらゲームを進めていく。開発に飯島多紀哉も加わっており、飯島が開発に携わった『学校であった怖い話』シリーズのように、登場人物や背景などに実写映像が使われていたり、シナリオの一部に音声が収録されているものもある

。また、サウンドノベル形式のアドベンチャーゲームだが、契力(ポイント)による要素開放、クイズシナリオなどのミニゲーム、選ぶ度に展開が変化するシナリオがあるなど、実験的な要素も多く導入された作品だった。

基本システム

基本はサウンドノベル形式のアドベンチャーゲーム。画面に表示されるテキストを読み進めながらゲームを進めていく。一部のシナリオの途中には選択肢が表示され、プレイヤーがどれを選んだかによってその後の展開が変化する。ゲームを開始すると、まずプレイヤーは名前や血液型、誕生日、家族構成、出身地などを入力。その後、日本地図状のマップが画面に表示され、都道府県を選ぶことによってシナリオを読み進めることができる。

しかし、初期状態では選べる都道府県はプレイヤーがゲーム開始時に入力した都道府県のみで、それ以外の都道府県を選択するには契力による開放が必要となる。契力はミニゲームをクリアしたり、シナリオを読み終えることによって増加していく。また、契力は都道府県の開放だけではなく、シナリオの開放や語り手の状態を変化させる際にも必要になる。

評価

実験的システムを多く導入した作品だったが、同時に様々な問題点が含まれた作品ともなってしまった。まず、本作には頻繁に起こるフリーズ、セーブデータの破損などのゲーム進行に大きく影響を与えるバグが多かったことが挙げられる。これらのバグに対してメーカーは修正版を開発したが、メーカーに連絡してのディスク交換でしか手に入れることは不可能である。正常に動作する部分に関しても、テキストオートモード、バックログ閲覧などの機能が搭載されていない、シナリオ一部が極端に完成度が低く、舞台となった地域と明らかに関係のない話があるなど多くの問題点を抱えていた。

これらのことからプレイヤーからの評価は低く、インターネット掲示板2ちゃんねるの家庭用ゲーム板にある、その年に発売されたゲーム作品の中で一番のクソゲーを決める「クソゲーオブザイヤー」というスレッドの2007年度の大賞に選ばれた。当スレッドでは2007年以前までは、大作ゲームの中から大賞が選ばれる傾向にあった。しかし2007年に比較的知名度が低い本作が大賞に選ばれたことで、それ以降のスレッドの方針も変化することとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ