あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
剣と魔法と学園モノシリーズ

剣と魔法と学園モノシリーズ

剣と魔法と学園モノシリーズ

剣と魔法と学園モノ。』シリーズとは、アクワイアから発売されているロールプレイングゲームシリーズ。開発はゼロディブ。略称は「ととモノ」。

概要

2008年6月26日にシリーズ初作品となる『剣と魔法の学園モノ。』がPlayStation Portable用ソフトとして発売。基本を『ウィザードリィ』シリーズのような3DダンジョンRPGのシステムを採用しながらも、キャラクターのクラスを「学科」と呼び学園を拠点とするなど、学園モノの世界観を持った作品である。

2009年6月25日に続編である『剣と魔法と学園モノ。2』がPlayStation Portableで発売、2010年7月22日に同作のPlayStation 3移植作『剣と魔法と学園モノ。2G』が発売。2010年10月7日には、シリーズ3作目となる『剣と魔法と学園モノ。3』が、PlayStation PortablePlayStation 3用ソフトとして発売。2011年7月7日に同作のニンテンドー3DS移植版『剣と魔法と学園モノ。3D』が発売されシリーズは一旦終了。しかし、2012年7月19日に新シリーズとなる『新・剣と魔法と学園モノ。刻の学園』が発売された。

システム

基本的なシステムは『ウィザードリィ』シリーズを代表とする3DダンジョンRPGを採用。1マス1マスに区切られたフィールドを一人称視点で探索していく。

キャラクターメイキング

ゲームを開始すると冒険を進める生徒を作成することになる。作品によって異なるが、所属する学園や性別、外見、種族、学科を選択可能。外見は、いくつか用意されているパーツを組み合わせることによって自由に作成することができる。

新シリーズ

2012年7月19日に新シリーズとなる『新・剣と魔法と学園モノ。刻の学園』がPlayStation Portable用ソフトとして発売。本作は前作までのシステムを一新し、フィールド移動型RPGとして開発された。しかし以前までのシリーズのような、職業を学科と呼び学園を舞台にした学園モノの世界観は引き継がれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ