あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険

元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険

元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険

『元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険』(がんそさいゆうき すーぱーもんきーだいぼうけん)とは、バップが開発、販売したロールプレイングゲームである。

概要

1986年11月21日にファミリーコンピュータ用ソフトとして『元祖西遊記 スーパーモンキー大冒険』が発売。開発、販売はバップ。タイトル通り、中国の伝奇小説である「西遊記」をモチーフにしたロールプレイングゲームで、プレイヤーは三蔵法師や孫悟空を操作しながら天竺を目指すことが目的。猪八戒や沙悟浄など、西遊記に登場するキャラクターも登場し、旅の手助けをしてくれる。バップのファミリーコンピュータ参入第一弾となるタイトルだったが、ゲームの完成度が低く、後述する問題点がいくつも存在したことによってヒットとはならなかった。現在では、いわゆるクソゲーの代表的な一作として数えられるようになっている。

システム

フィールドを探索し、目的地を目指すロールプレイングゲーム。ゲームを開始すると、真っ黒な背景に「ながいたびが はじまる・・」というメッセージが表示され、それ以外の情報は提示されないまま、フィールドマップに画面が移り、ゲームが開始する。本作では水と食料の概念が設定されており、時間経過によって減少していく。水、食料があるとキャラクターの体力が回復するが、水、食料がない場合には反対にそれぞれのキャラクターの体力が減少し、体力がなくなるとキャラクターが死亡。全てのキャラクターが死亡すると「ああ しんじゃった!」というメッセージが表示されてゲームオーバーになる。表示はされていないが、フィールドには所定の位置に敵キャラクターが配置されており接触するとエンカウントとなりアクションの戦闘パートに移る。戦闘パートでは基本的に孫悟空を操作。孫悟空が死亡している場合は他キャラクターを操作する。敵キャラクターを全滅させると戦闘パートが終了となる。本作ではセーブやパスワードでのコンティニューは存在しないが、一部建物内に入ると画面上にコンティニューコマンドが表示される。このコマンドをタイトル画面で入力すると、途中からゲームを始めることができる。

問題点

本作の一番の問題点は、情報量の少なさといえる。ゲームを開始するとプレイヤーはフィールドに配置されるが、どのような情報も攻略のヒントも表示されることはない。本作は広大なフィールドを探索しなければならないシステムな上に、フィールド上には配置されているワープポイントを通過しなければ先へ進むことが出来ない。しかし、ワープポイントは画面には表示されず、目的地とは関係のない偽ワープも存在するために、しらみつぶしにフィールドの探索を行わなければならない。さらに、フィールドを移動すると時間が経過して水と食料が減少するため、ゲームオーバーにも繋がってしまう。これらの要素に加え、戦闘パートが単調、セーブ、パスワードによるコンティニューがなく、コマンドによるコンティニューに独特の入力法が必要などの多くの問題点を抱えており、クソゲーの代表的な一作として数えられるようになってしまった。なお、フジテレビCS放送、フジテレビONEおよびフジテレビNEXTで放送されているレトロゲームを扱うバラエティ番組『ゲームセンターCX』で、本作の攻略を主題としたミニコーナーが放映された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ