あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
任天堂ソフトウェアテクノロジー

任天堂ソフトウェアテクノロジー

任天堂ソフトウェアテクノロジー(Nintendo Software Technology)は、ワシントン州レドモンドにある任天堂が100%出資するデベロッパー。任天堂オブアメリカの社屋内にスタジオを持つ。

概要

任天堂のファーストパーティとして任天堂ブランドタイトルを開発するケースが多い。任天堂と提携した戦略的なタイトルの開発を担当したこともある(『Bionic Commando: Elite Forces』『リッジレーサー64』)。デジペン工科大学の卒業生が多く在籍する。

歴史

当社と強い繋がりを持つのは1994年に設立され、ゲームに関する学士号を米国で初めて持ったデジペン工科大学である。同校はゲーム教育の第一世代として質の高い教育で知られ、任天堂とも繋がりを持っていた。

その後、同校を立ち上げたClaude Comair氏と、様々なデベロッパーを創業し、デジペンにもアドバイザーとして関与していたScott Tsumura氏が共同で立ち上げ、任天堂からも出資を仰いだのが任天堂ソフトウェアテクノロジーである。1998年設立。

代表作

  • Bionic Commando: Elite Forces(ゲームボーイ、1999年) ※
  • Crystalis DX(ゲームボーイカラー、2000年) ※
  • リッジレーサー64 (NINTENDO64、2000年) ※
  • ポケモンパズルリーグ (NINTENDO64、2000年) ※
  • ウェーブレース: ブルーストーム (ゲームキューブ、2001年)
  • 任天堂パズルコレクション (ゲームキューブ、2003年) ※
  • ゼルダの伝説 コレクターズエディッション (ゲームキューブ、2003年)
  • 1080°シルバーストーム (ゲームキューブ、2003年)
  • マリオvs.ドンキーコング (ゲームボーイアドバンス、2004年)
  • リッジレーサーDS (ニンテンドーDS、2004年) ※
  • メトロイドプライム ハンターズ (ニンテンドーDS、2006年)
  • マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!(ニンテンドーDS、2006年)
  • マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド (ニンテンドーDS、2009年)
  • スカイジャンパー ソル (ニンテンドーDS、2010年)
  • マリオvs.ドンキーコング ミニミニカーニバル (ニンテンドー3DS、2013年)
  • マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル (ニンテンドー3DS、2013年)

開発中止

  • Project H.A.M.M.E.R. (Wii、2007年)

そのほか

※は日本未発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ