あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
九龍妖魔學園紀

九龍妖魔學園紀

九龍妖魔學園紀

『九龍妖魔學園紀』(くーろんようまがくえんき)とは、シャウトデザインワークスが開発し、アトラスが発売した学園伝奇ジュヴナイルゲームである。

概要

2004年9月16日にPlayStation 2用ソフトとしてアトラスより発売。開発はシャウトデザインワークス。監督、脚本を今井秋芳が務めた。架空の学園「天香(かみよし)学園」に転入したトレジャーハンターとなり、学園生活を過ごしたり古代遺跡を探検しながら、学園の謎を解き明かしていく。シャウトデザインワークスが開発した『東京魔人學園』シリーズと世界観を共有しており、『東京魔人學園』シリーズで登場したキャラクターも一部登場する。また、『東京魔人學園』シリーズの特徴であった「感情入力システム」も導入されている。

2006年9月28日には、新規バディやアイテム、クエストや新規ダンジョンなどを追加し、エピローグも追加された『九龍妖魔學園紀 re:charge』も発売された。

システム

本作では天香学園のクラスメイトなどと交流しながら物語を進めていくアドベンチャーパートと、古代遺跡を探索していく3DRPG風の探索パートを繰り返しながらゲームを進めていく。アドベンチャーパートでは『東京魔人學園』シリーズでも導入されていた「感情入力システム」が導入されている。探索パートでは天香学園の地下に存在する古代遺跡を、3DRPG形式で探索していく。遺跡内にはトラップや謎解き要素、そして化人(けひと)と呼ばれるモンスターがあり、それらに立ち向かいながらゲームを進めていく。

戦闘システム

探索パートの遺跡内で化人が存在するマップに侵入すると自動的に戦闘に突入する。本作品の戦闘はターン制で進行するファーストパーソンシミュレーションバトルである。移動、攻撃、回復などの行動を起こすごとに「AP(行動ポイント)」が減少していき、尽きるまで自由に行動することが可能。再び自分のターンが回ってくることでAPは回復する。また、化人にはそれぞれ弱点部位が存在し、射撃武器で攻撃する場合、弱点部位に攻撃を加える事で効果的なダメージを与えることができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ