あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ヴァニラウェア

ヴァニラウェア

ヴァニラウェア有限会社(VANILLAWARE.Ltd)は、本社を大阪市中央区に置くゲームソフト開発会社である。主に2Dグラフィックを用いた中世ファンタジー風の作品を多数リリースしており、高い人気を誇る。作品のゲーム機はPlayStation系列、WiiニンテンドーDSなど様々。 代表取締役は、神谷 盛治。同氏は、ソニー・コンピュータエンタテインメントスクウェア・エニックスなどで多数のゲーム企画・開発に携わった後、同社を設立した。同社の従業員は、20名程度と小規模で神谷氏は「基本的には従業員全員がアーティストである」と述べている。デザイナーには、シガタケ、前納浩一などが在籍している。

歴史

同社の設立は、2002年。処女作は、2007年に株式会社日本一ソフトウェアを発売元として発売されたPlayStation 2専用ソフト『グリムグリモア』である。本作のジャンルは、家庭用ゲームソフトとしては珍しいリアルタイムストラテジーとなっている。

また、同社の本作以降の作品のBGMは全て有限会社ベイシスケイプが担当していることも高い評価に繋がっている。有限会社ベイシスケイプは、『タクティクスオウガ』や『ファイナルファンタジーXII』などのサウンドを担当した崎元 仁が設立した会社である。

その後、2007年にアトラスを発売元として発売されたPlayStation 2専用ソフト『オーディンスフィア』は、神話などをモチーフとした世界観の作品であり演劇調の演出や美しいグラフィックが国内外から高い評価を受けた。

また、2013年に株式会社インデックスを発売元として発売されたPlayStation 3PlayStation Vita用ソフト『ドラゴンズクラウン』は、開発段階から非常に注目を受けていた作品であり、発売後短期間で30万本を記録する大ヒットとなった。

代表作品

  • グリムグリモア(2007)
  • オーディンスフィア(2007)
  • くまたんち(2008)
  • 朧村正(2009)
  • グランナイツヒストリー(2011)
  • ドラゴンズクラウン(2013)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ