あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
ワンダースワン

ワンダースワン

ワンダースワン(WonderSwan)は1999年3月4日に発売された携帯ゲーム機である。発売元は株式会社バンダイ(現在はバンダイナムコグループ)。発売時の国内価格は4,800円である。名称は「白鳥は優雅に見えているが、水面下ではバタバタと足を動かしている」という、オシャレなデザインで中身も高性能というハードの特徴にちなんで名付けられた。文章表記ではWSと略される。互換機種にはワンダースワンカラー(WonderSwancolor)とスワンクリスタル(SwanCrystal)がある。

特徴

ワンダースワンはソニーのプレイステーションからのリメイク作やスピンオフ作品が多数あり、移植の出来が良いと評価されるものが多かった。さらに「機動戦士ガンダム」などの版権を所有しているバンダイのゲーム機であるため、人気アニメや玩具を扱ったいわゆる版権キャラクターゲームが豊富なのも強みだった。ワンダースワン最大の特徴は、ボタンの十字キーが存在しないためゲームによって縦画面、横画面でプレイできる点にある。特に縦画面でプレイできる『GUNPEY(グンペイ)』や『ビートマニア for Wonder Swan』はユーザーから高い評価を得ていた。しかし、キラータイトルには恵まれず、オリジナルタイトルで売り上げを伸ばしたのは『GUNPEY(グンペイ)』のみであった。ハードの性能面では、単三電池一本で数十時間起動させる事が可能で消費電力が低い。さらに他の携帯ゲーム機と比べて価格が安く、子供でも手が出しやすいハードであったため、ユーザーから絶大な評価を得た。

補足

  • 「ワンダースワン」という名称は、故横井軍平が名付けたものである。
  • 電源を入れると「キュイーン」という音が鳴る。WSユーザーなら誰もが最初に思い浮かぶハードの特徴である。
  • ゲーム機史上、最も価格が安いハードである。[1]

代表作

  • GUNPEY(グンペイ)
  • デジモンアドベンチャー ~アノードテイマー+カソードテイマー~
  • チョコボの不思議なダンジョン for ワンダースワン
  • スーパーロボット大戦COMPACT
  • SDガンダム Gジェネレーション GATHER BEAT
  • From TVanimation ONE PIECE グランドバトル スワンコロシアム
  • ビートマニア for Wonder Swan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ