あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
レーシングラグーン

レーシングラグーン

レーシングラグーン

『レーシングラグーン』とは、スクウェア(現: スクウェア・エニックス)が販売したハイスピード・ドライヴィングRPGである。

概要

1999年6月10日にPlayStationで『レーシングラグーン』が発売。開発、販売はスクウェア(現スクウェア・エニックス)である。架空の都市である近未来都市・YOKOHAMAを舞台に、伝説となっている走り屋の謎を追っていく。ジャンルは「ハイスピード・ドライヴィングRPG」となっており、レースゲームにRPG要素を加えた作品として開発された。プロデューサーを河津秋敏、シナリオを鳥山求が担当。斬新なシステムが話題を呼んだが、運転時の車の挙動におかしな部分がある、序盤の難易度が高いなど問題点も多く、ヒット作とはならなかった。しかし、一風変わった世界観やゲームに登場するキャラクターの独特な台詞、ゲームのローディング時に流れるポエムと呼ばれるメッセージが熱狂的なファンを獲得し、現在でもバカゲーの代表的な作品の一つとして数えられている。

システム

プレイヤーは自分が所有する車に乗り込み、フィールドを移動することができる。フィールド画面には自分の車だけではなく、一般車や他の走り屋の車なども走行している。そのような車に、自分の車のライトを点滅させるパッシングをすることによってレースバトルを仕掛けることができる。レースバトルに勝利すると、レース内容に応じたリワードポイントを獲得することができ、ポイントを使用して相手の車からパーツを奪い取ることが可能。ショップでのパーツの購入や、レースバトルでパーツを奪うなどをしながら自分の車を強化していき、ゲームを進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ