あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
レベルファイブ

レベルファイブ

レベルファイブは、福岡県福岡市に本社を置く日本のゲーム制作会社。代表は日野晃博。

沿革

現代表の日野晃博が中心となり1998年10月に設立。2000年12月にはPlayStation 2用ソフト『ダーククラウド』を開発。ソニーより発売される。PlayStation 2初めてのRPGとなったこの作品はレベルファイブの処女作となる。日本ではあまり売上を伸ばすことの出来なかった作品ではあるが、海外では日本版で不評だった部分を作り直してリリースし、ヒット作となる。

2002年11月には『ダーククラウド』の続編となる『ダーククロニクル』を発売。国内外で多くの賞を受賞するなど、高い評価を受けた。『ダーククラウド』『ダーククロニクル』の成功から、日本を代表するRPG作品『ドラゴンクエスト』シリーズの8作目『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の制作を任され、2004年11月に発売。その続編である『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の開発にも携わった。

翌年2005年12月にはPlayStation 2用ソフト『ローグギャラクシー』を発売。上戸彩、玉木宏などの俳優を声優に起用し多くの宣伝を打ちヒットを狙った本作ではあったが、売り上げは振るわずに失敗作となってしまう。後に海外で発売される際には日本版でユーザーから受けた不満点を改良しリリース。その海外版はディレクターカット版として日本でも発売された。

その後はPlayStation 3用ソフトとして『白騎士物語』シリーズや『二ノ国 白き聖灰の女王』も発売しているが、メインのプラットフォームは携帯機へと移行し『レイトン教授』シリーズや『イナズマイレブン』シリーズなどのヒット作を開発。2011年10月には初めての単独ゲームショーとなる「レベルファイブワールド2011」も開催した。

作品の特徴

RPGの開発を得意とする会社。特にライトユーザー向けで幅の広い年齢層をターゲットにした作品を開発している。特に『レントン教授』シリーズや『イナズマイレブン』シリーズは映画化、アニメ化されるなどゲーム以外のメディアでも評価されている。

関連作品

  • ダーククラウド
  • ダーククロニクル
  • ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
  • ローグギャラクシー
  • 白騎士物語シリーズ
  • 二ノ国シリーズ
  • レイトン教授シリーズ
  • イナズマイレブンシリーズ
  • ダンボール戦機シリーズ
  • タイムトラベラーズ
  • ファンタジーライフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ