あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
レバー入れ大ピンチ

レバー入れ大ピンチ

レバー入れ大ピンチ

レバー入れ大ピンチとは、ゲーム雑誌ゲーメストに掲載された有名な誤植のひとつである。

概要

1986年から1999年にかけて、新声社より発行されていたゲーム雑誌「ゲーメスト」で掲載された有名な誤植のひとつ。カプコンが開発し、1994年7月に稼働が開始された対戦型格闘ゲーム『ヴァンパイア』に登場するキャラクター「ザベル」の攻略記事中に「レバー+大パンチ」と表記すべきところを「レバー+大ピンチ」と誤植され表記されてしまった。原文は「レバー+大ピンチでリーチのある三段斬りが出る。」である。ザベルはトリッキーな技を持つことが特徴で、通常攻撃もレバー入れによって特徴的な動きに変化する。レバー入れ大パンチの場合、文章の通りリーチの長い攻撃を出すことができるのだが、外した場合の隙が大きく大ピンチという誤植もあながち間違ってはいない。パンチをピンチと誤植されて表記されたインパクトから、誤植の多かったゲーメストの中でも特に印象に残る誤植として有名になり、現在でもミームとして使われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ