あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
レジスタンスシリーズ

レジスタンスシリーズ

『RESISTANCE(レジスタンス)』シリーズは、Insomniac Gamesが開発し、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が販売しているフランチャイズ。第一作目の『RESISTANCE 人類没落の日』は、2006年11月11日にPlayStation 3のローンチソフトして発売した。

概要

『RESISTANCE(レジスタンス)』シリーズは人類を絶滅させようとする謎の生物「キメラ」から世界を守るために、アメリカ軍やイギリス軍の激しい攻防を描いたファースト・パーソン・シューティングゲーム(FPS)である。

  • 設定では1951年だが、人類はキメラとの戦いで急激に科学技術が進歩したため、時代に見合わない兵器が多数登場する。
  • 敵であるキメラは独自のテクノロジーを用いた武器を使って攻撃する。(ホーミング・タグで狙いをつければ、銃弾が自動追尾される「ブルズアイ」や壁の向こうにいる敵を攻撃できる「オーガー」など)
  • キメラには人型以外にも様々な種類がいて、敵ごとに行動パターンや攻略方法も違う。

オンラインモード

『RESISTANCE 人類没落の日』はローンチタイトルの中でもオンラインマルチプレイが好評であった。またシリーズを通してオンラインモードは評価される声が多い。

  • 『RESISTANCE 人類没落の日』では40人、『RESISTANCE 2』では60人の対戦人数のため、迫力あるオンラインマルチ対戦が楽しめた。(しかし、続編の『RESISTANCE 3』では対戦人数が16人となった)
  • 『RESISTANCE 2』の最大8人によるオンライン協力プレイモードは依存性が高く、シリーズファンを虜にしてきた。

補足

  • 『RESISTANCE 2』の60人というオンライン対戦人数は、発売当時、オンライン対戦型FPSでも大規模であった。さらに、ラグもない快適なプレイを実現したため、海外メディアやユーザーから「黒魔術でも使ったのか」とジョーク交じりに評価された。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ