あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
マーカス・フェニックス

マーカス・フェニックス

マーカス・フェニックス(Marcus Fenix)とは、Epic Gamesが開発し、マイクロソフトが販売している『ギアーズ・オブ・ウォー(Gears of War)』シリーズに登場するキャラクター。英語版の声優はJohn DiMaggio。日本語版の声優は廣田行生。

概要

『ギアーズ・オブ・ウォー(Gears of War)』シリーズの主人公マーカス・フェニックスは惑星セラの「統一連合政府(Coalition of Ordered Governments)」に属する兵士であったが、軍の研究者であった父「アダム・フェニックス」を地底に巣食うモンスター「ローカスト」から守るため、作戦中にも関わらず、独断で救出を試みるが、父を助ける事が出来ず、さらには職務放棄と敵前逃亡の罪で懲役40年の刑が下されてしまう。

しかし、その4年後、ローカストがマーカスが収容された軍刑務所を襲撃する。危うい所を親友のドミニクに助けられ、彼の計らいでデルタ部隊に配属し、戦線復帰を果たす事になる。

その後、デルタ部隊の隊長「キム」が戦死した事で、隊長に任命され、ドミニク、コール、ベアードのクセのある頼もしい仲間を率いて最前線で戦う事になる。

  • 年齢は35歳で、頭に黒いバンダナを巻き、重装備の黒いアーマーを身に着けている。強面な顔がトレードマーク。チェーンソーが搭載されたアサルトライフル「Lancer Assault Rifle」を装備している。階級は軍曹。

  • 世界大戦やローカスト戦役において数々の勲章を授かり、兵士達の間ではその活躍が伝説として語られている。

  • 身長は1m85cm、体重は105kgであることから大柄な男であると伺わせる。

  • 「うるさいんです」「ぶっとばしていこうぜ」「あんたのためなんかじゃないんだからな」など、クセのある名台詞を数多く生んだ。

  • 『ギアーズ・オブ・ウォー(Gears of War)』の数少ない女キャラクター「アーニャ」とは、恋人同士といった関係ではなく、職場の同僚のような関係である。

  • マーカスは、2007年1月18日に発売されたXbox 360版『ギアーズ・オブ・ウォー(Gears of War)』で初登場した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ