あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
マックス・ペイン

マックス・ペイン

『マックス・ペイン(Max Payne)』は、2008年のサスペンス・アクション映画。人気アクションゲームシリーズ『マックスペイン(Max Payne)』シリーズを原作としている。監督はジョン・ムーア、主演はマーク・ウォールバーグ。

ストーリー

ニューヨーク市警の刑事マックス・ペイン(マーク・ウォールバーグ)は数年前、何者かに妻と子供を殺された過去を持つ男だ。

ニューヨークは、新種のドラッグ「ヴァルキュリー」のせいで、麻薬中毒者が蔓延していた。マックスは妻の子供の死にヴァルキュリーが関わっていると睨み、殺人課から未解決事件班に移り、一匹狼で犯人を捜し続けている。

ある日、地下鉄のホームでジャンキー達から「翼を持つ男」謎の言葉を聞き、犯人に関係する手がかりを手に入れる。その最中、裏社会の社交場でナターシャと出会い、何か知っていると睨んだマックスは、彼女を問いただすが、何かに脅えているようで返事が返ってくる事はなかった。

その翌日、ナターシャは何者かに殺されてしまい、彼女と一緒にいたマックスは殺人犯として容疑をかけられてしまう。マックスは警察の目をかわしながらロシアン・マフィアでナターシャの姉「モナ」と出会い、真実に立ち向かうことになる。しかし、そこには街を揺るがすほどの巨大な陰謀が蠢いていた。

概要

  • 原作のゲームをリスペクトした派手なガンアクションシーンが垣間見える。(スローモーションで銃撃戦をする「バレットタイムシステム」や飛び上がりながら銃撃できる「シュートドッジ」など)

  • 原作ファン、映画ファンともに評価は賛否両論である。

  • 細かいところでゲームとの相違点があり、原作ファンからは議論の対象となっている。(ゲームの主人公の利き腕が右手なのに対し、映画の利き腕は左手や、ゲームでは登場しない銃が使われているなど)

  • 映画監督のジョン・ムーアは、今作ではじめて、ゲームの映画化を手がけた事になる。

  • グロテスクなシーンが多いため、日本では18歳未満は鑑賞禁止となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外部リンク

関連商品

Page TOPへ