あらゆるゲーム用語を網羅する "ゲーム大辞典 - GameLEXICON - "
マザーベース

マザーベース

マザーベース

「マザーベース(Mother Base)」とはコナミが開発、販売するステルスアクションゲーム『メタルギアソリッド ピースウォーカー(Metal Gear Solid Peace Walker)』および、『メタルギアソリッド V: グラウンドゼロス(METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES)』に登場するシステム。

概要

マザーベースは、ネイキッド・スネーク率いる「国境無き軍隊」の本拠地として、『メタルギアソリッド ピースウォーカー』に登場した。任務の報酬としてザドルノフから与えられたものだが、元々はアメリカの大学が海洋温度差発電の研究用に建築された海洋プラントである。しかし、海洋温度差発電の熱効率の問題を解決できずに研究は中止、放置された所をKGBのフロント企業に買収された。当初は錆と鳥の糞しかない廃墟であったが、大幅な改修を行い、同作において前線基地として活躍している。

マザーベースは他の海洋プラントと連結できるシステムであるため、人員が増えると増築される特徴を持つ。人員は、実戦部隊、医療班、糧食班、研究班、諜報班に分かれ、活動を行なって行く事になるが、人員にはスキルやステータスがあり、それぞれに合った配属が求められる。戦闘能力のステータスが高い人員を実戦部隊に配属すれば、部隊全体の能力が上がる特性を持っており、プレイヤーは任務中に見かける敵兵士や捕虜などをフルトンで回収して仲間を集める楽しさを味わえる。

また、対空ミサイルや核武装などの防空システムから、営倉、診療所などもあり、海上都市といっても過言ではない多機能を備えている。1974年から1年間にかけて前線基地として活躍したが、『メタルギアソリッド V: グラウンドゼロス』ではX.O.Fによって壊滅させられた。

『メタルギアソリッド V: グラウンドゼロス』と連携するアプリケーション「iDROID」では、マザーベースを増築していくゲームモードが搭載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

Page TOPへ